豪華客船「タイタニック」の完全コピー 中国で建造、すでに4万人から乗船申込み

印刷

   処女航海で沈没した悲劇の豪華客船「タイタニック」のコピー版の建造が中国で開始される。

   「タイタニック2号」と名付けられ、「タイタニック」と同じイギリス―アメリカ間で2016年に就航することをめざすという。

「氷山にぶつかるどころか、港を出る前に沈んだとなるんじゃ…」

   「タイタニック2号」の建造計画をぶちあげたのは、オーストラリアの大富豪、クライブ・パルマー氏だ。現地紙によると、発表会見がマカオで現地時間2013年2月16日に開かれ、700人ものゲストがつめかけた。

   建造はタイタニック号沈没100周年を記念したもので、オリジナルの寸法やデザインを忠実に再現するという。

   ただ、一般にはタイタニックは氷山に衝突して沈没・多数の犠牲者を出した豪華客船と言うイメージが強く、縁起がいいとはいえない名前だ。その上、中国製の豪華客船といえば11年に進水式でいきなり沈没した「酒鋼号」も記憶に新しい。

   「世界の注目を受ける船を完成させる自信がある」――建造を請け負った中国の長江航運集団金陵造船所は中国メディアのインタビューに応じてこう話したが、2ちゃんねるなどではすでに心配の声が相次いでいる。

「氷山にぶつかるどころか、港を出る前に沈んだとなるんじゃ… 」
「これって、どういうこと?『きちんと正確に沈没する船を造ってくれ』っていう発注を受けたってことなの?」

   こうした不安に答えるかのように、パルマー氏は安全対策についてオーストラリアのサンデー・メール紙に話した。

   タイタニックの悲劇については、乗員数に対する救命ボートの不足も事故後の検証で指摘されている。このため、オリジナルにはない新たなデッキを設け、動力付きの救命ボートを多数配置するという。パルマー氏は「海上で何が起こっても生き残れるように」と強調。また、これとは別に、本来は必要ないがオリジナルのタイタニック同様の700人分の救命ボートも備え付けるそうだ。

チケット価格は未定だが、「100万ドル出す」という人も

   タイタニック2号は2016年に就航予定。オリジナルの航路をなぞり、イギリスのサウサンプトンからアメリカのニューヨークへ向かうという。

   パルマー氏がウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)に明かしたところによると、定員は2400名にも関わらず、すでに4万人の人々がタイタニック2号に乗船したいとの意向を示している。うち35%が中国からの問い合わせだという。

   さらに、チケットの価格はまだ決まっていないが、何人かのお客からは処女航海のチケットに100万ドル(日本円で約9300万円)出すという申し込みも受けている、と計画を主導するブルースターライン社が話したそうだ。

   中国では12年春に映画「タイタニック」の3D版が公開されて、初公開週で5800万ドル(約47億円)を売上げ、国内初公開週興収入歴代1位という大ヒットを記録していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中