六本木襲撃事件、関東連合元幹部を公開手配

印刷

   東京・六本木のクラブで2012年9月、飲食店経営の男性(当時31)が金属バットで武装した集団に殺害された問題で、警視庁麻布警察署は13年2月21日、暴走族グループ「関東連合」元リーダーの見立真一(みたて・しんいち)容疑者(33)を殺人容疑などで公開手配した。見立容疑者は事件を主導したとみられている。12年11月2日にフィリピンに入国した後、所在が確認できていない。警視庁のウェブサイトでは、

「既に、日本に帰国し国内に潜伏している可能性も十分考えられます。予想される立ち回り先としては、東京都内、静岡県内、埼玉県内及び宮城県内が考えられます」

と呼びかけている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中