「二刀流」挑戦中の日本ハム・大谷 メジャーの評価は「打力」だった

印刷

   日本ハムのゴールデンボーイ大谷翔平が2013年2月17日、初の紅白戦でいきなり2安打。投手、打者の二刀流に挑戦中だが、打撃でまず結果を出した。周囲はどっちの道で進むのかで一層騒がしくなってきた。同じ日にWBC強化試合で完敗した日本チームが引き立て役になったようにも見える。

ピッチングより一足先にバッティングで力見せる

   二軍の紅白戦(沖縄・国頭村)とはいえ、最初の打席で左へ、2打席目は右へと快打。しかもカットボール、スローカーブと変化球を見事にとらえた。

「リラックスして打つことができました。逆方向(左翼)へ打てたのは良かったですね」

   大谷は満足そうに振り返った実践形式の初陣を振り返った。3番、指名打者での打者デビューは上々だった。

   入団時から注目を集めている通り、大谷は栗山英樹監督の意向で投手と打者の両方で練習している。投げる方はまだブルペンの中。一足先にバッターとしての素質を披露した。

   紅白戦の打撃を見て「平成の怪物」とうなったのは評論家の江川卓氏。「軸がぶれない」「内角の変化球をこれほどうまく対応する新人は見たことがない」とテレビで驚きのコメントをしていた。

   関係者は「今年は投手か打者か」でかまびすしいが、これまでのところ「投手だろう」という声が多い。投手は特別な存在であり、大谷の持つ160km/hの速球はあまりにも魅力だ。球界の大御所、評論家の張本勲氏はテレビ番組で「二刀流で成功したのはベーブ・ルースぐらい。最初はピッチャーでいくのではないか」と予測している。

   そういう見方が大勢を占めているのは、投手でうまくいかなかったら打者に転向すればいい、という理由だ。「打者の後に投手はできない。まず投手がいい。打者は時間がかかる」との経験則もある。

   プロに入ってくる選手のほとんどは、アマ時代、とくに少年野球時代はエースで4番。といっても両方とも一流であることは、まずない。それだけにモデルチェンジは難しい。「投手で肩を壊すなど、故障した後での打者転向は失敗する。過去にそういう例は数多い」と監督経験者は語る。

営業的には「打者」路線の方がよい?

   大谷はドラフト指名されたとき、大リーグ行きを夢としていた。事実、複数の大リーグ球団から誘われていた。

   つい最近、日本駐在の大リーグ関係者筋からこんな話を聞いた。

「大リーグの各球団が大谷君を評価したのはバッターとしてですよ。天性の打撃センスを持っている。柔らかい打法だから打率は計算できる。さらにホームランも打てる。足もあるし肩も優に100mを投げる。打者として有望だ。160km/hを投げる投手は米国にはゴロゴロいる」

   だれもが大谷快速球に目を奪われていたが、野球の本場は狙い目が日本と違っていたようだ。日本ハムもそれを知っていたのだろう。

   日本ハムとしては1週間に一度登板する投手より、毎試合出場する打者の方が観客動員につながる営業面も考えているに違いない。リーグ有数の選手に成長した糸井嘉男外野手をオリックスに出したのも大谷を使う布石とも思われる。また、現在の日本球界には、打者のスターが少ない。長嶋茂雄、王貞治に代表されるように、球界が盛り上がるのは打者のスーパースターの存在。大谷はその資格を持っている。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中