787欠航が夏季ダイヤにも波及 春休み・GWの乗客「取りこぼす」リスクも

印刷

   燃料漏れやバッテリーの発火事故でボーイング787型機の運航見合わせが続いている問題で、その影響が新年度の夏季ダイヤにも波及しだした。

   1~2月は比較的需要が少なく影響は限定的だったが、春休みやゴールデンウィーク(GW)になっても欠航が続けば、ダメージは広がることになる。

羽田-新千歳、福岡のドル箱路線から「間引く」

ANAは世界で初めて787を導入した
ANAは世界で初めて787を導入した

   全日空(ANA)は2013年2月25日、夏季ダイヤが始まる3月31日から5月31日にかけて、国内線1250便、国際線464便を欠航すると発表した。

   1日あたりの欠航便数は10便~26便。国内線では、羽田-新千歳、羽田-福岡といった運航本数の多いドル箱路線から「間引く」ことを中心に対応するが、787でしか運航できない成田-サンノゼ線などは路線ごと運休が続く。

   787の運航見合わせは1月16日から続いており、累計の欠航便数は国内線が2662便、国際線が939便に及ぶ。

   ANAが1日に飛ばす国内線の1027便は(2012年)。全体の便数と比較すると欠航の割合は数%に過ぎない。だが、1月だけで売上高が約14億円減少し、2月上旬に予定していた中期経営計画の公表も4月に延期するといった影響がすでに出ている。

   運航が停止された1月から2月は比較的乗客数が少ない時期だが、3月以降は例年乗客が増えるため、欠航によるダメージも広がる可能性がある。12年の国内線の輸送実績を見ると、1月は295万人、2月は301万人とほぼ横ばいだが、春の行楽シーズンが訪れる3月には351万人に急増。4月には296万人と落ち着くが、5月には333万人に伸びる。このような状況で欠航が続くと、満席が相次ぐ春休みや大型連休には乗客を「取りこぼし」た結果、収入減につながりかねない。

早期に運航再開できれば欠航は減る

JALは国際線のみで787を運航している
JALは国際線のみで787を運航している

   一方、日本航空(JAL)は3月30日までに国際線延べ94便を欠航することを発表している。13年1月~3月の売上高は11億円減少し、収支としては7億円のマイナスだ。4月以降は代替機のボーイング777型機の定期点検の影響で機材繰りが厳しくなり、欠航が増える見通し。2月25日に予定していた成田-ヘルシンキ便の開設も延期した。なお、JALは国内線では787を運航していない。

   ANAでは、

「787の復帰の状況によっては必要に応じ、欠航した便の復便等の必要性を検討して投入する可能性はあります」

と787の運航が早期に再開されれば欠航の便数も減らせるとみているが、運航再開の見通しは立っていない。

   787の製造元のボーイング社は米連邦航空局(FAA)に対して、バッテリー内で熱が伝わりにくくするなどの運航再開に向けた改善案を提示しているが、発火事故の原因究明に至っていないことには変わりなく、FAAが運航再開を認めるかは不透明だ。

   日本政府も、運航停止の長期化を踏まえた対応に乗り出した。国土交通省は2月26日、787運航停止にともなう航空会社への支援策を発表。(1)空港内に787を留め置く際の停留料を免除する(2)配分された発着枠の使用率が80%を切った場合、その後の枠配分で不利になるルールがあるが、787の影響が出ている路線については適用を免除する(3)機長は年に1回実際の路線で実技試験を受ける必要があるが、運航停止で試験が行えないため模擬飛行装置(シミュレーター)などでカバーする、といった内容だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中