「アジアのベスト・レストラン50」東京の料理店が1、2位飾る

印刷

   イタリアのミネラルウオーターメーカー、サンペレグリノとアクアパンナが後援する「アジアのベスト・レストラン50」が2013年2月25日にシンガポールで発表され、東京・南青山のフランス料理店「NARISAWA(ナリサワ)」が1位、東京・六本木の日本料理店「龍吟(りゅうぎん)」が2位に選ばれた。50位以内には日本のレストランが9店ランクインしている。

   今回のアジア版ランキングは、毎年行われている「世界のベスト・レストラン50」の10周年を記念して初めて発表された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中