AKBゆきりん「偽ファン」荒稼ぎ 動画1本で「6万円儲かった」カラクリとは

印刷
「ゆきりん……どうして……私だけは違うって……おかしいよ! なんでそーやってぇ! ファンを裏切るんだよおお!」

   週刊文春でAKB48柏木由紀さんの「合コン」が報じられた直後の2013年2月5日、柏木さんファンを名乗る男性が、その「裏切り」を半狂乱でなじる動画を投稿した。

   「柏木ヲタが発狂」と2ちゃんねるなどで話題になり、たちまち70万回という再生回数を叩き出したこの動画だが、実は「釣り」。投稿者はAKBファンでもなんでもなく、しかもこの動画のヒットで6万円近いお金を稼いだという。

   釣りの是非は置いておいても、YouTubeでお金が稼げる、というのはいささか気になる。いったいどういう仕組みなのか。

YouTubeで再生1回につき0.1円儲けた?

問題の動画は、台湾サイトでも取り上げられるなど話題になっていた
問題の動画は、台湾サイトでも取り上げられるなど話題になっていた

   話題となったのは、「Jリーガーと合コンした柏木由紀ことゆきりんに物申す!」なる動画だ。「jshibata」を名乗る男性が投稿した「自画撮り」の映像で、いかにも憔悴しきった、という顔をした若い男性がカメラに向かい、前半は切々と、そして後半は目をむきわめき散らしながら、「恋愛禁止」にそむいた柏木さんへの怒りを語っている。

   日本のネットはもちろんのこと、話題は海外にまで拡散し、台湾「東森新聞雲」にまで取り上げられてしまった。

   ところが26日、この「jshibata」さんは再び投稿した動画のなかで、実は上記の動画は「演技」であることをネタばらしした。

   「僕AKBの曲1曲も買ったことないし、AKBで好きな人1人もいません」とjshibataさんは高笑い。まったくの釣りだったわけだ。そもそもjshibataさんことシバターさんは「ジ・アウトサイダー」「パンクラス」などのリングに上がる格闘家で、単なるAKBオタクだと思っていた視聴者は二重三重に騙されたことになる。

   さらに注目すべきは、シバターさんの次の発言だ。

「知ってました? YouTubeはお金がもらえるんです。1再生だいたい0.1円。僕の動画、今70万再生近くいってます。(中略)A・K・Bはカネになる♪ あ、よいしょ♪ A・K・Bはカネになる♪ あ、よいしょ♪ ちょっとあおって5、6万♪」

YouTubeで年収900万稼ぐ人も数千人

   それにしてもYouTubeでお金がもらえるというのは、どんなカラクリなのか。

   シバターさんが指しているのは、おそらくYouTubeが提供している「パートナープログラム」だ。YouTubeのガイドラインに従っていれば誰でも利用でき、登録すると、動画の再生回数、および動画に表示された広告のクリック回数などに応じて、その広告収入の一部がユーザーにも振り込まれる。

   収益は「広告のタイプ」やその価格などさまざまな要因によって異なるため、「一再生数あたりいくら」とは単純化できない。ただ利用経験がある人のブログなどを参照した限りでは、今回の「1再生だいたい0.1円」というのはそう珍しくない数字のようだ。

   グーグルによれば世界30か国で現在100万人以上がこのプログラムを利用しており、また年間10万ドル(約900万円)以上稼ぐ人も数千人に上る。ここまで来ると、もはや下手に会社勤めするよりよっぽど儲かっている。日本での利用者数は明かされていないが、ここ1年で3倍に増えるなど拡大傾向にあるという。

   なお、シバターさんのネタばらし動画には、その「釣り」の鮮やかさを褒め称えるコメントとともに、「釣られた」人たちから、

「気持ち悪すぎ そして、性格悪すぎ」
「親が見たら泣くよね」

などと腹立ち交じりの批判が少なからず寄せられている。もっともその分また再生数は伸びており(28日夕方時点で約9万回)、その懐はまたしても潤いそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中