金爆の「白塗り」樽美酒 実は「イケメン」でかっこよすぎ

印刷

   ヴィジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」の樽美酒(だるびっしゅ)研二さん(32)は、白塗りメイクがトレードマークだが、素顔やすっぴんを目にする機会が最近増えている。

「うそだろ?」「かっこよすぎワロタ」…

武道館ライブでの露出で脚光浴びる

次のブログ本の予定も明かす
次のブログ本の予定も明かす

   ネット上では、樽美酒研二さんの素顔写真が貼り付けられると、こんな驚きの声が上がる。それもそのはず、研二さんは、パンダのように目元を黒く塗ったかわいらしいメイクのイメージがあるからだ。

   こうした写真は、本人のブログや雑誌などで時々お目にかかるようになった。ネットの書き込みにも、「ぐぐったらいっぱい出てくるじゃん隠してはいないんだな」とあるぐらいだ。

   メディアなどでは、その素顔はメンバー内でも1番のイケメンと紹介されている。NAVERまとめでもすっぴん画像集が編集されるほどの注目ぶりだ。

   研二さんのブログをまとめた「ベスト・オブ・オバマブログ」(扶桑社刊)の編集者は、その素顔が脚光を浴びたのは、2012年1月14、15両日に行われた初の武道館ライブがきっかけではないかとみる。

「ライブの途中に寸劇があり、悪霊に取り憑かれた樽美酒さんが暴れ、ほかのメンバーの力で正気を取り戻すシーンがありました。そのとき樽美酒さんは白塗りメイクを落として登場するのですが、素顔がイケメンだったため、会場は非常に盛り上がりましたね」

   12年2月2日に発売された「ベスト・オブ・オバマブログ」では、最後に研二さんのすっぴん写真が出てくる。武道館ライブの後で、タイミングがよかったといい、「カッコいい」と大反響だったそうだ。

   ゴールデンボンバーが大ブレイクしたこともあって、ブログ本は13年2月26日に重版が決まった。これで9万2000部が出て、予想以上の売れ行きだとしている。

「本人が恥ずかしがり屋だからとも聞いています」

   樽美酒研二さんが白塗りメイクをしている理由について、前出の編集者は、こう言う。

「先代のドラムが白塗りということもありますが、本人が恥ずかしがり屋だからとも聞いています。ステージで顔が赤くなるのがバレないように、とのことですよ」

   NHK紅白歌合戦前の会見で「おちんちん!」などと下ネタ発言をしたのは、「白塗りだとスイッチが入って大胆になるからでは」とみている。メイクも、最初のころは怖そうだったが、その反応を見て、かわいい表情に変えてきたそうだ。

   研二さん所属事務所のユークリッド・エージェンシーでは、白塗りメイクについて、スタッフが取材にこう明かした。

「理由は、そんなに深くないんですよ。面白ければいいというか…。メイクを変えたのも、かわいいからいいか、とそんな程度なんですよ」

   素顔やすっぴんを披露していることについても、こう言う。

「それを売りにしているわけじゃないです。寸劇シーンの後から増やしたわけではなく、最近の方が少ないぐらいですよ。気まぐれ程度に出しているだけで。ゴールデンボンバーでは、今後も白塗りでやっていきますよ」

   つまり、露出が増えただけ、単にすっぴんなどを目にする機会が増えたということか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中