「姉の影響で…」「友人さえイチャついて見える」 BLに萌える「腐男子」増加中

印刷

   ボーイズラブ(BL)―男性同士の恋愛をテーマにした小説や漫画などのジャンルで、主に女性の間で発展してきた文化だ。

   そんなBLだが、最近男性にも愛好家が増えてきているらしい。男性にとってBLの魅力とは何なのだろうか。

ツイッターで「#腐男子あるある」というハッシュタグも

   BLと一口に言っても趣向はさまざまで、男性同士の恋愛を描いた作品の愛好家もいれば、恋愛要素を含まない漫画やアニメ、ドラマなどの作品、また実在するアイドルなどでも、男性同士の仲を同性愛のように捉えて「萌える」人もいる。こうした女性たちは一般的に「腐女子(ふじょし)」と呼ばれる。

   女性の愛好家が多いBLだが、「腐男子(ふだんし)」と呼ばれる男性の愛好家も少なからず存在する。

   ツイッターを見てみると、自身を「腐男子」と紹介しているユーザーは少なくない。ツイート内容は好きなアニメキャラ同士、アイドル同士の恋愛妄想や同じ趣味の仲間との会話が多い。「#腐男子あるある」というハッシュタグも作られ、「同人BLコーナーで視線が痛い」「妹が腐女子なのは自分のせいかと悩む」「友人達はただじゃれ合ってるだけなんだろうけど、俺の目にはイチャイチャしてるようにしか映らないから、危険だから、それ」など、腐男子同士で共感できるツイートで盛り上がっている。

   2ちゃんねるでも腐男子が集まるスレッドが立てられ、「姉の影響で目覚めた」「あの作品は腐男子が多い」「同人誌を買おうとしても、転売やナンパ目的かと疑われ売ってくれない」など、腐男子特有の話題が語られている。同性愛や両性愛の男性もいるが、「自分の恋愛対象は女性だけど、BLは好き」という男性も多い。

「男性同士のラブは純粋で、強度高く、胸をときめかせる」

   男性がBLに感じる魅力とは一体何なのか、おたく史研究家で自身も「腐男子」の吉本たいまつさんに聞いてみた。

   最近「腐男子」が確かに増えてきた実感があるという吉本さん。原因としては、「隠れた趣味」だったBLが、05年から06年にかけて一般的になってきたこと、世間が腐女子に対して比較的寛容だったため、それまで隠してきた腐男子も自己表明をするようになってきたということ、ブログやmixi、ツイッターで「腐男子」であると自己表現し、そういったSNSで同好の士が集うことで「一人じゃないんだ」と感じ、さらに自己表現する男性が増えたことがあるのではないか、と見ている。

   男性がBLを好きになるきっかけは、(1)少女マンガが好きで、少女マンガを読み進めていくうちに、BLにたどり着いた(2)家族やサークル仲間に教えられて、BLにはまった(3)同人誌即売会で本を買って二次創作にはまり、そこからBLを読むようになった(4)二次創作アンソロジーを原作と間違えて手に取って、そこからはまった(5)元々ショタ(編注:小学生くらいの男の子)好き、「男の娘」(女性のような外見の男性)好きで、可愛い男の子が出てくる本を読んでいく中で、BLを読むようになった、という例がある。ちなみに吉本さんは(5)のパターンだそうだ。

   男性から見たBLの魅力は、「男性同士のラブを描くことで、純粋で、強度の高い、胸をときめかせるラブストーリーを楽しめる」、「『強くあらねばならない』とされる男性にとって、受け(性行為で女性役になる男性)になってもいいし、ヘタレでもいいという点が救いになる」「日常的に同性に恋心を抱いたり、抱かれたりすることは少なくないが、現在の社会規範では『やってはいけないこと』とされてしまう。そこに男性だから分かる切なさがある」の3点を挙げてくれた。

   最後に、吉本さん流の「BLの面白い読み方」として、BLはとんでもない設定が多く、ギャグとの親和性が高いとのことで、「ギャグBLを積極的に読む」ことをオススメしていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中