卒業式にGACKTが来た! 「今でしょ」や「黒バス」も 感動サプライズ、ネットで「コラ画像祭り」に

印刷

   閉校直前の高校の卒業式にあのGACKTさんが突然登場、生徒たちに熱いエール――「ちょっといい話」なのだが、なぜかネット上ではその際の写真が格好のネタにされ、コラージュ画像が大量に作られる「祭」となっている。

   発端は2013年3月1日、GACKTさんが山梨県大月市の大月短期大学付属高校の卒業式にサプライズゲストとして登場したことだった。

卒業生もびっくりして涙引っ込む

   GACKTさんの「卒業式ライブ」は、ここ何年かの恒例行事だ。2006年、神戸市の高校で生徒からのメールをきっかけにライブを行ったのを皮切りに、ほぼ毎年のように各地の高校で同様のサプライズを行い、生徒たちを驚かせてきた。

   今回の舞台となった大月短大付属高校は全校生徒数230人(2012年度時点)。少子化による志願者減を理由に、すでに2013年度限りでの閉校が決まっている。GACKTさんとはこれまで特別のつながりはなかったが、音楽メディア「BARKS」などによれば、生徒たちの思い出作りにと教職員側がGACKTさんに卒業式への出席を依頼したところ、実現したという。

   GACKTさんの登場は、生徒たちにはまったく事前に知らされていなかったようだ。式の終盤で突如壇上に上がったGACKTさんは歌声を披露するとともに、卒業生へ激励のメッセージを送った。

   ツイッターでは卒業式終了直後から、生徒たちからその模様が相次いで写真付きで投稿された。

「卒業式にGacktきた!!もーびっくりして涙引っ込んだ!!」
「ねえ!卒業式にGacktきた!やばい!本物!めちゃくちゃいいにおい!先生ありがとう!」
「え、やばい!!!卒業式にGACKTきた 野に咲く花のように歌ってくれて大号泣。卒業おめでとうってゆわれた瞬間本当やばかった(;_;)(;_;)(;_;)」
「卒業式にGACKTきたーヽ(*^ω^*)ノやばいだろ。最高の卒業式でした」

   これらの写真はたちまちネット上に拡散し、多くの人が知るところとなった。この時点では、GACKTさんの「粋」な卒業祝いに驚き、また感心する人が多かった。

感動写真がいつのまにか「ネタ」に

多数のコラ写真が作られてしまったGACKTさんの卒業式ライブ
多数のコラ写真が作られてしまったGACKTさんの卒業式ライブ

   しかし拡散を続けるうちに、これらの写真に笑いがこみ上げてくる人が増え始めた。中でも、驚く生徒たちをバックに、皮ジャン・サングラスでキメたGACKTさんが「ドヤ顔」で去っていく1枚は、GACKTさんと周囲の人々の落差もあって、多くの人のツボにはまったようだ。やがて、この写真を元にコラージュ加工し、GACKTさん以外の有名人やキャラクターなどが「卒業式にきた」写真・イラストを投稿する人が相次ぎ始めた。

   たとえば「いつやるか?今でしょ!」のフレーズで人気の東進ハイスクール講師・林修さんの顔写真をGACKTさんの身体にくっつけた、

「卒業式に今でしょきた!!もーびっくりして涙引っ込んだ!」

なる写真は1万人近くがリツイートしたのを始め、「黒子のバスケ」や「テニスの王子様」など人気漫画のキャラたちから、金正恩・第一書記ら北朝鮮の指導者3代のそろい踏み、

「卒業式に東海道線きた!!もーびっくりして涙引っ込んだ!!」
「卒業式に東北新幹線きた!!もーびっくりして涙引っ込んだ!!」

といったナンセンスなものまで、次々とゲストが「乱入」する事態に。重複も含め1000近い画像が投稿されている。

   ネット上ではこうした「ネタになる写真」が一度飛び出すと、たちまちそれを元にコラージュした合成画像がよく作られる。最近では「週刊文春」が掲載した前田敦子さんの「泥酔写真」がいい例だ。とはいえせっかくの「いい話」がこうもおもちゃにされては、GACKTさんも少しガクッときているかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中