長谷川洋三の産業ウオッチ
東芝次期社長の素顔:スポーツ大好き、少林寺拳法は2段

印刷
「いろいろな会社の就職試験を受けましたが一番採用担当者の印象がよかったのが東芝でした」

   東芝の次期社長に内定した田中久雄副社長(62)は2013年2月26日、東芝本社での記者会見後のぶら下がり取材で東芝を就職先に選んだ当時を振り返ってこう語った。

   1973年神戸商科大学(現兵庫県立大学)商経学部の卒業。学生時代からスポーツは大好きである。少林寺拳法は2段の腕前。「3段の昇段試合を受けに行く積りだったが試合中痛めた背中の故障で歩けなくなりあきらめた」――。記者団からの質問に率直に答えた。飾り気ない性格である。

「自分の長所は性格的に明るいところ」

   東芝はリーマンショック直後の2009年3月期は経常赤字となったが、2013年3月期を含め、佐々木則夫社長の4年間は収益改善が進んでいる。「しかし良くはなっているが利益体質は十分でない。新たな成長事業を育成する必要がある」と田中氏はいう。スマートシティーや発電機など社会インフラ事業、再生可能エネルギー、ヘルスケア、デジタル機器など6分野の拡大に限らずいろいろな成長分野に取り組むという。西田厚聡会長(69)は留任。佐々木則夫社長(63)は副会長職に就く。ともに代表権はなく、業務責任はCEO(最高経営責任者)となる田中次期社長に集中される。

「自分の長所は性格的に明るいところだと思う。ポシティブなところは良いところだ。短所はあきらめが悪いところだ。粘り強いと言えるかも知れないが」

   副会長職というポストで経団連副会長職など「内外の役職をきちんとやっていく」と決意を語る佐々木氏。社業は田中次期社長に任せて世の中のために汗をかく決意だ。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中