初の本拠地デビューで「プロの洗礼」 巨人・菅野を襲う「一浪のジンクス」

印刷

   巨人のドラフト1位、菅野智之(東海大)の本拠地デビューは散々の内容だった。2013年3月3日のソフトバンクとのオープン戦。「怪物」と呼ばれた江川卓投手も勝てなかった「一浪のツケ」という声が上がっている。

チーム期待の「日曜日デビュー」も4回8安打4失点

   先発した菅野はたたきのめされた。4イニングを投げ、8安打を浴び、4失点。それも立ち上がりに先頭打者に二塁打されるなど4長短打で3点を奪われ、3回にも1点を失った。プロの洗礼である。

「こんなピッチングをしていたら次はない…」

   自分でも驚いた結果なのだろう。大変なことをしてしまった、というような力のない言葉だった。

   キャンプでの評判は良かった。

   「素晴らしい素材だ」と絶賛したのは終身名誉監督の長嶋茂雄。その他の評論家も「使える」という点で一致していた。日本ハムの大谷翔平や阪神の藤浪晋太郎らの高校生ルーキーが騒がれるなか、菅野は大学での実績を披露していた。

   巨人も菅野の扱いはVIP待遇で、登板した日は日曜日。期待のほどを示している。ところがお粗末な内容に終わった。折しもこの日はWBCの日本代表が中国戦に勝って第2ラウンド進出が決定的に。おかげでメディアの関心は菅野を隅っこに追いやった。

「自主トレ」と「プロの練習」の違いまざまざ

   菅野は一浪している。一昨年秋のドラフト会議で日本ハムから1位指名されたが、入団拒否。「なにがなんでも巨人」との意思を貫いた。彼は巨人の原辰徳監督の甥であり、親族すべて「巨人愛」だった。

   問題は1年間のブランクである。大学のグラウンドで練習を続けていたというものの、プロの練習と孤独な「自主トレ」ではかなりレベルが違う。

   「無駄な1年間」とはプロ野球関係者の共通した意見である。「特に投手にとっては1年間のブランクは大きく響く」という。

   思い出すのは江川である。法大時代に東京六大学リーグ戦で通算47勝(歴代2位)をマーク。「怪物」といわれた大物だった。それが1位指名を蹴って米国へ留学。つまり一浪の道を選んだ。巨人に入団した1年目は9勝10敗と予想外の結果だった。20勝したのは3年目である。

   「江川ほどの逸材でも1年空いたら簡単には勝てない。そのくらい単独練習は量も質も足りない。素直にプロ入りしていたら新人20勝も夢ではなかった」。当時、関係者はそう言っていたものである。

   菅野と江川を比べたら、だれでも江川の素質が上位と認める。その江川でさえ一浪のツケに負けた。ましてや菅野クラスでは、ということなのだ。

   ひな祭りの登板は厳しい警鐘、と菅野はとらえていることだろう。「今後、生かすも殺すも自分次第」と気持ちを引き締めている。「一浪のジンクス」にどう立ち向かうか。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中