なでしこ、視聴率は大暴落! 負けてばかりは仕方ないのか

印刷

   なでしこジャパンが国際大会「アルガルベ・カップ」を戦っているが、視聴率が低迷するなど盛り上がりに欠けている。テレビでは、WBCと同様の大きな扱いだが、あの熱気はどうなってしまったのか。

「やってるのも知らなかった(´・ω・`)」
「悪いがWBCの方が面白い」

連日2ケタのWBCに対し、初戦は6.8%

   2013年3月11日のデンマーク戦で、なでしこのアルガルベ・カップ初勝利が報じられると、ネット上では、早速こんな声が上がった。

   それもそのはず、WBCは野球世界一を決める注目度の高い大会だ。また、なでしこは、主力の澤穂希選手らが出ていないうえ、初戦のノルウェー戦、次のドイツ戦と2戦負けが続いたこともあるようだ。

   WBCの侍ジャパンは、連日2ケタの高視聴率をマークしている。12日のオランダ戦では、2次ラウンドにも関わらず、関東地区の平均がなんと30.4%にまで達した。これに対し、ビデオリサーチの調べによると、なでしこは、6日のノルウェー戦が、初戦にも関わらず、関東地区で平均6.8%に留まった。

   フジテレビやTBSでなでしこの試合が放送されることになったとき、「なでしこ、WBC侍ジャパンと視聴率対決」などと一部スポーツ紙が報じた。12年の前回アルガルベ・カップでは、ロンドン五輪前だったこともあるが、10%台後半の高視聴率が続いたからだ。ところが、今回は、初戦以来、高視聴率を記録したとする報道はなく、盛り上がりに欠いたままだ。

   なでしこの佐々木則夫監督は、W杯が15年、五輪が16年と先のため、若手選手を試していると明かしている。しかし、「戦力の底上げが想定どおりに進んでいない」とも一部メディアが指摘している。

   アルガルベ・カップでは、大会最終日の13日に中国と5位決定戦に回ることになってしまった。こうした結果は、若手育成などチーム作りもうまくいっていないからなのか。

負け続きも「佐々木則夫監督の計算通り」

   サッカージャーナリストの後藤健生さんは、なでしこに負けが込んだ理由をこう分析する。

「新しい選手を入れてチームを作り始めたとき、うまくいかないのは仕方がないと思いますよ。対戦相手は、ユーロッパのリーグ戦をしているシーズン中ですから、まだシーズンオフのなでしことは完成度が違います。例えば、ノルウェー戦で、岩清水選手が相手選手のドリブルに寄せるのが遅れて1点目を失ったときは、まだ試合勘が戻っていなかったからです。岩清水選手の能力があれば、シーズン中なら防げたシーンだったと思いますね」

   後藤さんは、むしろ佐々木則夫監督の計算通りにいっていると指摘した。

「格下のデンマーク戦に勝ったのは当然ですが、日本はパスも回るようになってきています。大儀見選手と妹の永里選手を2トップにするなど、新しく試してもいます。田中選手らの若手も思ったよりすんなりはまっており、W杯までには間に合うのではないでしょうか」

   戦いを煽るテレビ中継については、苦言を呈した。

「監督はもっと試したいはずで、注目を浴びてやりにくいのでは。ぶざまな試合にはできないと、ベストに近いメンバーをそろえざるを得なくもなります」

   ただ、後藤さんは、W杯まで2年間も注目される舞台がないことを懸念している。

「7月の東アジアカップは、男子と抱き合わせですので、アジアなどでもっと盛り上げる大会があった方がいいと思います。そうでないと忘れられてしまいますから。W杯は、前回の優勝があるので盛り上がると思いますが、最低で準決勝まで行かないと今度は本当に人気が落ちてしまうでしょう。ですから、それまでの国際試合を通じて、いかにベストな状態に持って行けるかがカギになりますね」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中