福岡市屋台条例、最長5年で新規参入も

印刷

   福岡市は2013年3月13日、屋台の適正営業に向けた「屋台基本条例」の概要をまとめ、市議会に報告した。営業主は「原則1代限り」だが、現在営業している店舗については、配偶者や直系の親族に限って譲渡を認める。公募による新規参入も認め、最大5年間営業を認める。その後は、再度公募する。

   条例は、市民から意見を募るパブリックコメントを経て、6月議会に提出される見通し。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中