「いつも同じ服」「電話もかかってこない」 トップアイドル嵐・二宮の「仰天私生活」

印刷

   ジャニーズのグループ・嵐の二宮和也さん(29)が、2013年3月13日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)に出演した。

   嵐といえば先日発売したシングル「Calling/Breathless」が発売1週目で75万枚以上を売り上げる大ヒットを飛ばし、二宮さん個人でも3月16日公開の映画「プラチナデータ」に出演しているなど、今をときめく大人気アイドルという印象だ。しかしそんな華々しさからは想像もつかないような二宮さんの地味な生活ぶりが、番組で明らかになった。

貯金する理由は「仕事がなくなった次の年の税金」のため!?

意外な一面を明かした二宮和也さん(画像はイメージ)
意外な一面を明かした二宮和也さん(画像はイメージ)

   この日の「ホンマでっか!?TV」は「ホンマでっか!?人生相談」と称し、色々なジャンルの評論家がゲストの悩みを解決へ導くという内容だった。二宮さんは、「自分では気にしていないが、周りからよくケチと言われる。気にした方がいいのか?」という相談を持ちかけた。

   「お金は大好き」で「あまり使わない」という二宮さんは、「洋服とか靴とかも、3年くらい買ってない。いつも同じ服を着てる」「(後輩である関ジャニ∞の)錦戸(亮)と飯行って1回もお金を出した事がない。トイレとか行って帰ってくると『じゃあ帰りましょう』みたいな」「去年の6月から12月まで、自分で払ったお金の領収書が4枚しかなかった」と、次々に「ケチ」エピソードを明かした。

   さらに「僕、基本、美味しいものっていうのが安いもの。高いものが食えない」「貯金する一番の理由は、急に仕事がなくなった次の年の税金を払う事が辛いから」など、売れっ子らしからぬ意外な一面を見せ、レギュラーコメンテーターのマツコ・デラックスさんは「変わってるよね」、ブラックマヨネーズの小杉竜一さんも「トップアイドルやから次の年の税金のことなんか考えてると思わなかった」と驚いていた。

   心理評論家の植木理恵さんは「いい物はたまに食べた方がいい。食べ物にお金をかけないとしみったれた顔になる」、印象評論家の重田みゆきさんは「後輩やメンバーとタクシーに乗った時、『大きいのしかないや』『帰りは払うから』と言うとケチに見えない」とアドバイスしていた。

休日は朝10時から明け方4時までゲーム三昧

   二宮さんの仰天エピソードは「ケチ」だけではなかった。「家に帰ると全くしゃべらない。電話もかかってこないし…」「こないだビックリしたのが、2月の中旬ぐらいに、去年の9月の(着信)履歴がありました」「俺からもかけない」と、友人との電話連絡もほとんどしていないというのだ。司会の明石家さんまさんから「家帰って何してんの?」と聞かれると、「ゲームです」と即答していた。

   二宮さんのゲーム好きは有名で、これまでにも「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)で「休日は10時に起きてから翌朝4時までちょいちょい休憩しながらずっとゲームをしている」「家にゲーム機が7台ある」と明かしていたほか、メンバーからも「仕事の打ち合わせ中もずっとゲームをしている」と暴露されるほどだ。

   番組内では「人の物は買う」「彼女にはお金を使うタイプだと思う」とも話していたが、「最近(女性に対して)可愛いなとか、綺麗だなと思うけど、それで終わり」とも言っており、現在特定の相手はいないのかもしれない。1人で家に引きこもってできる「ゲーム」が趣味ということもあり、余計にお金を使わないのだろう。

   最終的に評論家の面々からは、「今の時代はケチな男性がモテる。二宮さんは不倫もせず離婚もしにくい、結婚してから幸せになるタイプ」(経済評論家・門倉貴史さん)、「毎日全財産を使い切るしかない」(環境評論家・武田邦彦さん)、「俳優辞めた方がいいですわ。するべき事が決まっている仕事が向いている。MCがいい!」(脳科学者・澤口俊之さん)などと好き勝手評価され、「ケチ」の解決には至らなかったようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中