つんく♂、ともさかりえ、水前寺清子… タレントも「PM2.5被害」で喉の痛みとイガイガ

印刷

   「ずっと喉が痛い」「イガイガする」…インターネット上では最近、こんな症状を訴える人が後を絶たない。中国から飛来した大気汚染物質「PM2.5」が影響している可能性もあるようだ。

   タレントも例外ではない。女優のともさかりえさん(33)がブログで「PM2.5の影響ではないかと診断された」と明かしているほか、ブログで喉の不調を訴える書き込みが増えている。

「花粉でも黄砂でもなく、PM2.5の影響じゃないかな?」

   ともさかさんは2013年3月に入ってから、「喉が変。いがいがむずむず」「喉が痛いなぁ」など、ブログでたびたび喉の不調を報告していた。そして3月16日、耐えかねて内科を受診したところ、「風邪でも花粉でも黄砂でもなく、PM2.5の影響じゃないかな?」と言われてしまったという。

   そのほか、PM2.5の影響かどうかはわからないが、歌手の水前寺清子さんが「喉は痛いし・くしゃみ!咳!」(3月17日)、お笑いコンビ「平成ノブシコブシ」の徳井健太さんが「目は痒く鼻水は止まらず喉は痒いです」(3月9日)、音楽プロデューサーのつんく♂さんが「車から降りてほんの数分だが、喉が超イガイガ」(3月8日)とブログやツイッターで書き込んでいる。

PM2.5が付着した「悪玉花粉」がひどい症状の原因?

   もちろん全ての症状がPM2.5に起因するとは限らないが、専門家も少なからず影響はあると指摘している。

   熊本県の「ましき耳鼻咽喉科クリニック」の院長ブログでは、患者から「PM2.5のせいで症状がひどいのか」という質問を受ける、とした上で、

「断言は難しいですが粒子径が2.5uMと小さいことに問題があります。(中略)小さいために体内奥に入りやすく長期間曝露されることで生体内で過剰な免疫反応が起こりアレルギーや喘息などが増悪すると言われています。特に花粉には対しては分子間力で付着し易く悪玉花粉となる可能性があり、今年花粉症の症状が特に強い方はPM2.5が関係しているかもしれません」(原文ママ)

と書かれている。

   悪玉花粉とは大気汚染物質や黄砂、一部の化学物質など、アレルギー反応を強くする物質が付着した花粉のこと。前出の院長ブログでは「取り敢えずしっかりマスクして自己防衛しか現時点では方法がありません・・・」と書かれている。多くの人が不快な症状に悩まされる日々は続きそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中