内閣支持率異例の70%超! 自民党支持率もすごい

印刷

   安倍晋三政権の支持率が異例の高水準で推移している。「アベノミクス」が評価されている上、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加を決めたことに対しても支持が多い。

   政党支持率で見ても自民党がトップで、実に民主党の9倍の支持を得ている。

支持率「右肩上がり」は極めて異例

TPP交渉参加表明も6割が支持している
TPP交渉参加表明も6割が支持している

   2013年3月18日の朝刊では、朝日、読売、毎日の3紙が、週末に行った世論調査の結果を掲載している。安倍内閣の支持率は、朝日が前回比3ポイント増の65%、読売が同1ポイント増の72%、毎日が同7ポイント増の70%。

   毎日新聞によると、今回の支持率は、第1次安倍内閣の最高支持率(67%)を上回っている。通常であれば、政権の支持率は発足から時間が経つにつれて下落が続くが、今回の安倍政権のように「右肩上がり」になるのは極めて異例だ。読売新聞の調査によると、内閣発足直後の調査から3回連続で上昇したのは1989年発足の海部俊樹内閣だけだった。

   個別の政策についても好意的に受け止められているようで、TPPへの交渉参加について評価(支持)すると答えた人の割合は、朝日が71%、読売が60%、毎日63%だった。

   政党別の支持率では、朝日が44%、読売が45%、毎日が39%。朝日の調査によると、01年4月に現在の調査方法になってからは過去最高で、これまでもっとも高かった支持率は、小泉純一郎氏が郵政選挙で大勝した直後の05年9月の43%だった。

支持率2ケタは自民だけ

   読売調査では、2ケタの支持率を獲得したのは自民党だけで、他党は民主党5%、日本維新の会2%、公明党4%、みんなの党2%、共産党2%、生活の党0%、社民党1%、みどりの風0%といった具合で、完全に自民党が一人勝ちだ。

   もっとも、安倍政権が順風満帆だと評価する声ばかりではない。例えば首都圏では3月18日に発売された「週刊ポスト」3月29日号では、10ページにわたって「安倍首相『玉ネギ問答』の詐術」と題した特集記事を掲載。消費増税で物価が上がり、景気は回復しないといった悲観論を展開している。さらに、

「ついには『株価4万円が見えてきた』という『超バラ色』の世界を描く週刊誌も現れた。数字は大きければいい、と考えたのかどうかは分からないが、そこには2年前の大震災報道で『煽り報道』を連発して、被災者たちの恐怖心を駆り立てた反省は見えない」

と、名指しこそ避けたものの、ライバル誌の週刊現代を痛烈に批判してもいる。ただ、正面切って批判するメディアは今のところ少数だ。

(写真キャプション) TPP交渉参加表明も6割が支持している
日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中