「放射性廃棄物ドラム缶」を電車内に持ち込む? 「迷惑!」「法律違反じゃ?」非難や疑問続々

印刷

   「放射性廃棄物」と書かれたドラム缶が電車に持ち込まれている画像がインターネット上に出回り、話題になっている。

   多くは批判的な意見で、「周りの迷惑だろ」「危険物じゃないか」などと言われている。「放射性廃棄物ドラム缶」の電車内持ち込みは、なぜ行われたのだろうか。

黄色いドラム缶乗せ「首相官邸前に向かっています」

   話題となっているのは、2013年3月15日に投稿されたこんなツイートだ。

「放射性廃棄物ドラム缶ドラム、只今首相官邸前に向かっています」

   ツイートには、電車内に「放射性廃棄物 NO.20110520-30」「東京電力 福島第一原子力発電所」という黒い文字と、「三葉マーク」と呼ばれる放射能標識が描かれた黄色いドラム缶を台車に乗せて持ち込んでいる画像が添付された。

   当初は脱原発派の活動家・きむらゆいさんが「是非維新の会の西田譲の自宅にもプレゼントしたい。無害だと言い張っていますから」とツイートを引用したり、好意的に拡散されたりしていたのだが、画像が広まっていくにつれて「原発どうこうの前に周りの人への迷惑を考えろよ」「それを公共機関使って移動とか迷惑なんだけど」「これが、デモ会場でない所で公衆の目に晒されることによって周りに不安を与えるのではないか、とは考えなかったのだろうか。浅はかだなぁ」「えっ、法律に反しないの?」などと批判や疑問が多数寄せられる事態となった。

   2ちゃんねるでも取り上げられ、「よく改札通れたな」「車内への危険物の持ち込みは…ってアナウンス流れてなかったっけ これは該当するんじゃね」「いや、これ台車までが本物でドラム缶はコラだろ」などの疑問や憶測が書き込まれた。

   あまりの反響のためか、3月19日現在、「首相官邸前に向かっています」というツイートは削除されてしまっている。

「通常梱包で運んでいます。アップした画像は作品」

   このツイートを投稿したのは石川雷太さんという現代美術家で、原発に警鐘を鳴らす作品を積極的に発表してきた。

   宮城・仙台市の「ターンアラウンド」というギャラリーでは、福島第一原発事故発生以前の10年10月から12月まで、放射線などをテーマにした「WAVE OBSESSION」という個展を開いたほか、東京・墨田区の「現代美術製作所」で11年8月に開かれた反・脱原発の企画展「アトミックサイト」では、放射性廃棄物ドラム缶と死んだ牛の骨を使った「核と原発の根本原理」という作品を発表した。

   過去の石川さんのツイートを見てみると、反原発デモやイベントにドラム缶を持ち込み、ドラムに見立てて叩いて演奏するパフォーマンスも行っている。

   ドラム缶については「『本物ですか!?』皆がそう尋ねてくる。この黄色いドラム缶は、人々が忘れたリアルな危険の感覚を取り戻すための装置。福島第一バージョンは東京発、大飯原発バージョンは大阪発」(12年8月3日)、「6/24デモで使うドラム缶の塗装をしていたら白いマスクがこんな状態に」(12年6月20日)とツイートしており、本当に原発で使用されているものではなく自分でドラム缶をそれらしく塗装したもののようだ。

   なお、石川さんは今回の「ドラム缶電車内持ち込み」について、3月19日、「サリン事件だってあったんだよ。本当に怯える人もいる。『アート』は免罪符じゃない」という指摘があったとフォロワーから教えられ、「作品は通常梱包して運んでいますのでご安心下さい。画像は写真作品とご理解下さい。多くの人々が現状や未来について考えるための端緒となればと思っています」と種明かしした。

   電車内に、梱包していない「放射性廃棄物ドラム缶」をそのまま持ち込んだわけではなく、後で画像を加工し「アート」としてツイートした、ということらしい。J-CASTニュースはさらに詳しく石川さんに話を聞こうと思い、取材を申し込んだが、返答がなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中