iPhone5のLTEがイー・モバイルに「乗り入れ」 孫社長「つながりやすさ」で2時間の記者会見

印刷

   「つながりやすさ」で攻勢を強めるソフトバンクモバイルが2013年3月21日、同社が買収したイー・モバイルの帯域を活用したサービスを新たに始めると発表した。ソフトバンクの次世代通信「LTE」対応端末は、2.1ギガヘルツの帯域を利用してきたが、イー・モバイルの1.7ギガヘルツ帯でも使えるようになる。

   あわせて、「つながりやすくなった」内容を細かく説明し、根拠に疑問を呈している一部メディアに反論した。ネットワークの「つながりやすさ」だけをテーマに2時間も記者会見が開かれるのは異例。

まずは池袋駅周辺でサービス開始

記者会見に臨む孫正義社長。ソフトバンクのiPhone5がイー・モバイルのLTEでも使えるようになる
記者会見に臨む孫正義社長。ソフトバンクのiPhone5がイー・モバイルのLTEでも使えるようになる

   新サービス「ダブルLTE」は3月21日、混雑が激しい都市部、特に池袋駅を中心とする山手線沿線で開始。現時点ではiPhone5、iPad mini、iPadのRetina ディスプレイモデルの3機種が対応している。

「1台のiPhone5が、どっち(のネットワーク)が混んでいるかをリアルタイムで捕捉しながら、混んでいない方につながる仕組み」(孫正義社長)

だといい、「ダブルLTE」対応機種の通信量(トラフィック)がイー・モバイルの帯域に移行することで、既存のソフトバンクの帯域の混雑が緩和されると説明している。

   孫社長は、イー・モバイル買収が通信状況の改善に果たした役割は「絶大」だとしながら、すでに周波数帯域が割り当てられているイー・モバイルを買収したことに対する批判については、

「イー・モバイルと交渉する前に、正式にKDDIが買収の申し込みをしていた。我々がアクションを起こさずにKDDIが起こしていれば、(イー・モバイルの帯域がKDDIに割り当てられることになり)電波の不公平さが、さらに広がっていた」

と反論した。

「つながりやすさ」調査は「継続的に第3者がやっているもの」

   CMで「つながりやすさナンバーワン」をアピールしている根拠は、音声通話は調査会社「イプソス社」が行った月間19万件の音声通話テスト、パケット通信はヤフーの防災アプリの月間1億5000万件の通信ログを解析した結果だ。調査の妥当性に疑問が寄せられていることについては、

「思い立ったように200~300か所でやったものではなく、継続的に第3者がやっているもの」
「勝手な定義で、(ヤフーという)グループ会社でやってると思われるかも知れないが、1億5000万件のデータを勝手に取り出すことは、なかなかできない」

と反論した。

   時間帯や場所別のデータも紹介されたが、大半がソフトバンクが1位だったと紹介された。ただし、ゴルフ場やスキー場といった山間部では、依然としてNTTドコモに一日の長があることも明らかにされた。

「小セル化」で「パケ詰まり」緩和

   電波が通じていても実際には通信しにくくなる「パケ詰まり」という現象にも言及。

「瞬間風速的に(通信速度が)他社を上回ったことに意味はない。ネットワークの基地局には同時に何百人も接続する。1人しか接続していない時の理論値をもって、メディアでも『光ファイバーなみの通信速度がLTEで実現される』という嘘を言っている」

と、通信各社のPR戦略を批判しながら、カバー範囲が狭い基地局を大量に建てる「小セル化」でパケ詰まりを緩和しているとした。割り当てられる周波数帯域は限られているため、出力が大きな基地局よりも「小セル」の方が通信効率が優れているからだ。

   現在主流の通信形式「3G」では、ソフトバンクは12年7月から「プラチナバンド」と呼ばれる帯域の運用を開始。当初は13年3月までに基地局を1万6000局建てることを目指していたが、大きく前倒して2万局の建設が予定されている。

   利用者数を基地局数で割ると、1局あたりの利用者はドコモが600人、KDDI(au)が350人なのに対して、ソフトバンク150人に過ぎないとして優位性を強調した。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中