「キングコング解散」デマで大騒ぎ 西野の「するわけない」で落着

印刷

   「キングコングが解散する!?」―2013年3月20日、突如こんな情報がツイッターをかけめぐった。

   ツッコミの西野亮廣さん(32)が「するわけない」と否定したためデマだったとわかり、ファンはほっと胸をなでおろした。しかしなぜ、こんなデマが拡散されてしまったのだろうか。

キンコン西野「爺まで漫才を続けなけりゃ意味がない」

西野さんの解散否定ツイート
西野さんの解散否定ツイート

   発端となったのは、「ニュー速(嫌儲)スレタイ配信Bot」というアカウントが3月20日に投稿したこんなツイートだった。

「【速報】キングコング解散 人気お笑いコンビ『キングコング』電撃解散、結成14年目に幕。よしもとクリエイティブ・エージェンシー(大阪市中央区)に所属する人気お笑いコンビ、キングコング(西野亮廣・梶原雄太)が、…」

   このツイートを見た人は、「え?まじなやつですか?」「えっマジ!?」「え!キンコン解散!」などと反応。ツイート自体も2000回近くリツイートされ、騒ぎとなった。

   西野さんあてにも「キンコンかいさんしませんよね?」とのツイートが届いたが、西野さんは20日のうちに、「するわけない。『爺がダブルピースで漫才を始めたら面白いね』ということで『イェイイェイ』をしているのですから、爺まで漫才を続けなけりゃ意味がない」(編注:キングコングは必ず漫才の始まりに2人でダブルピースしながら「イェイイェイ!」と言っている)とツイート、噂を否定しファンを安心させた。

全く別の記事のURLに飛ばされる「釣りスレ」

   これで一件落着となったが、そもそもなぜこんなデマが広まってしまったのだろうか。

   発端となったアカウント「ニュー速(嫌儲)スレタイ配信Bot」は、「2ちゃんねるニュー速(嫌儲)のスレッドタイトルとレス1の本文を配信します」と説明されている。2ちゃんねるの「ニュース速報(嫌儲)板」に立てられたスレッドのタイトル、1つ目の書き込みの本文を140字におさまる限り自動で投稿しているアカウントらしい。

   今回の「【速報】キングコング解散」も実際にこの板に立てられたスレッドで、本文もそれらしく書かれていたのだが、添付されたURLをクリックすると全く別のニュース記事に飛んでしまう。いわゆる「釣り」だったというわけだ。

   ツイートには字数制限の関係でURLまで入らなかったため、それらしい文章だけがツイッターに流れてしまい、信じてしまった人がいたようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中