米ディズニーの「同伴者なし14歳未満入場禁止」 「日本でも実施されるのか」と不安の声

印刷

   アメリカのディズニーランドがポリシーを変更し、入園に年齢制限がかかることになった。米国外で同様の措置がとられるという発表もされて、「日本でも年齢制限がかかるのか?」とインターネット上で不安の声が上がっている。

   ただ、日本の東京ディズニーランドとディズニーシーは、こうした動きを確認しているとした上で、年齢制限をする考えは無いといっている。

パーク内での溺死事故が関連?

   2013年3月23日から、アメリカ・フロリダ州のディズニーワールドとカリフォルニア州のディズニーランドで14歳未満のみのゲストの入園が禁止になる。つまり、14歳以上の人物と一緒にいる場合だけ入園できるというわけだ。

   ディズニー広報担当のスージー・ブライアンさんは米NBCに対し、「入園ゲートで、14歳以上の同伴者がいない14歳未満と見られるゲストがいた場合、お声をかけさせていただきます」と話した。14歳未満であった場合、両親か保護者に連絡をして、一緒に園内に入れるようにする、もしくは、つれて帰ってもらうようにすると英デイリーメールなどは伝えている。

   これまで、ディズニーランドでは入園に関する年齢制限はなかったが、来園者と児童福祉団体に調査を行ったところ、双方から年齢制限に同意が得られた。14歳という年齢はアメリカの赤十字社の提言によるものだという。

   今回のタイミングで制限に踏み切った理由について、ブライアンさんは「特定の事件が関係しているわけではない」としている。ただ、英デイリーメールは、この発表の約1週間前にディズニーワールド内のプールで友達と遊んでいた13歳の子どもが溺死した事故を伝え、関連を臭わせている。

   直近で制限がかかるのはアメリカの2つのパークだけだが、一部報道によると、今後、海外で展開するディズニーランドでも同様の措置がとられるようになるという。

「中学生デートとか出来なくなる」

   このニュースを受けて、日本のインターネット上では、国内のディズニーランドにも年齢制限がかかるのではと残念がったり同情したりといった声が多くあがった。

「中学生デートとか出来なくなるのか ちょっと可哀想かな」
「あらま~うちの子も小学校卒業記念に友達同士で行ったけどね~子の安全のためには仕方ないのかな…」
「特急とかを使わずに日帰りできるような場所に住んでる小中学生だったら、児童だけで行くのってそんなに特別なことじゃない気がする」

   東京ディズニーランドやディズニーシーでは子ども同士での利用は一般的だ。一部期間にはキャンパスデーパスポートとして、中学生~大学院生までのパスポート料金が割引されるし、CMでも制服を着た生徒同士で楽しんでいる様子がアピールされている。

日本の運営会社は「具体的な検討はしていない」

   こうした状況で、本当に日本で年齢制限がかかることはあるのだろうか。

   東京ディズニーリゾートの運営をおこなうオリエンタルランドに、J-CASTニュースが2013年3月22日、話を聞いたところ、「米国外のディズニーでも年齢制限を実施していく」という公式ステートメントが米国本社から発表されていることは確認しているという。

   その上で、

「パークのルールは、各国の慣習や法律によって決められます。日本のパークでは現在、年齢や付き添いについて制限を定めていませんし、(今後の)ルール策定についての具体的な検討といったことは(オリエンタルランド)社内ではしておりません」

と、現時点では入園者に制限をかける考えがないことを明らかにした。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中