客席からの「レーザー光線」照射 網膜に深刻なダメージ与える恐れ

印刷

   サッカーワールドカップ(W杯)アジア最終予選で、日本はヨルダンに敗れた。本戦出場に向けて日本の優位は揺るがないが、世界に先駆けてブラジル大会への切符を手にしたかっただけに悔しい黒星だ。

   試合中、ピッチ上の選手に「アウェーの洗礼」が浴びせられた。観客席からレーザー光線が照射され、プレーを邪魔したのだ。行為自体はもちろん非難されるべきだが、選手の視力に致命的な影響を与えかねない点は重大だ。

FIFAはレーザーポインター持ち込みを禁止

   ヨルダンの首都アンマンで2013年3月26日に行われた日本‐ヨルダン戦、「事件」は前半39分に起きた。相手のフリーキックの場面、ゴールを守る川島永嗣選手の顔をめがけて、緑色のライトが当てられたのだ。守備陣に向かって声をかけながら左右に体を移動させる川島選手を、光線が執拗に追いかける。ついには目元をめがけて集中的に照射された。川島選手は気にするそぶりを見せない。結局失点にはつながらず、大事に至らずにすんだ。

   ところが後半26分にも「暴挙」が繰り返された。1点を追う展開で日本がPKを獲得、同点とする絶好のチャンスだ。ここでキッカーの遠藤保仁選手を、またも緑のレーザー光線が襲う。遠藤選手は目をつぶったりすることなく、そのままボールを蹴ったが相手キーパーにはじかれてしまった。試合後、遠藤選手はレーザーの影響を否定したが、プレー妨害に等しい行為だ。W杯出場権をかけた重要な試合での卑劣な行い。日本サッカー協会は、アジアサッカー連盟(AFC)に抗議文を提出したことを明らかにした。

   中東でのアウェー戦では、過去にも同じような妨害があった。2008年9月、当時南アフリカ大会出場を目指していた日本代表は、敵地でバーレーンと対戦した。このときに、今回ヨルダンでも標的にされた遠藤選手や中村俊輔選手が「攻撃」を受けたのだ。

   レーザー光線を発する機器は、観客席への持ち込みが許されないはずだ。国際サッカー連盟(FIFA)の公式ウェブサイトを見ると、2010年のW杯南アフリカ大会の「競技場での行動規範」には、入場時の「禁止品」のひとつに「レーザーポインター」と明記されている。2014年のブラジル大会のページには、まだ「行動規範」が掲載されていないが、同様の処置がとられるのは間違いない。最終予選でも当然、使用不可と考えられる。

Jリーグで入場禁止処分、米大リーグでは逮捕も

   今回のレーザー騒動も、本来なら開催地であるヨルダンのサッカー協会が対処すべきだろう。だが、サッカー元日本代表の武田修宏氏は3月27日にフジテレビの「とくダネ!」に出演した際、過去に中東での試合で「練習場にクギが巻かれていた」「宿泊しているホテルで音楽を大音量で流され続け、睡眠を妨げられた」とのエピソードを披露した。これでは相手国側にレーザー光線の取り締まりなど、期待できそうにない。

   AFCやFIFAが具体的な対策を立てるかも疑問だ。「禁止品」に指定しているとはいえ、小型のレーザーポインターを観客席に持ち込むのはそれほど難しくないだろう。一方で数万人収容の客席を試合中ずっと見張り続け、どこから光線が放たれたかを特定するのは容易ではない。ただ、Jリーグでは以前、FC東京がレーザーポインターを使った観客を見つけ、後に入場禁止処分を出している。W杯予選クラスの試合でいまだに止まないのは、FIFA側に「レーザー撲滅」を徹底する姿勢が薄いのだろうか。

   ファンがヒートアップして相手チームの選手にレーザーを当てるのは、欧州クラブチームの試合でも起きている。最近でも2013年2月26日に行われた「スペイン国王杯」準決勝、バルセロナ―レアルマドリード戦で、バルセロナのメッシ選手、レアルのロナウド選手という両エースが目を狙われたという。

   サッカージャーナリストのマーチン・ロジャース氏は、米ヤフースポーツに寄せた3月4日付コラムでレーザー光線の危険性を警告した。網膜が強い光に耐えられず、光線を数秒間浴びただけで短時間失明状態になったり視界がぼやけたりする症状が出て、その後も視力が完全には回復しない恐れがあるという。新型のレーザーポインターは、網膜に強いダメージを与えることは極めて少ないようだが、旧型は深刻な影響を与える懸念がある。また光線の威力が50ミリワット以上になると危険だと指摘。市販のポインターは3~5ミリワットが標準だというが、建設業や医療の現場で使われる「強力版」も入手は可能なようだ。

   ロジャース氏によると、米大リーグでは2012年、観客の17歳の少年が相手チームの投手に向けてレーザーを当てたのが見つかり、逮捕される事態に発展したという。

   大阪府眼科医会の公式サイトを見ると、国内では以前、高校の授業中に生徒がいたずらで女性教諭の目にレーザーポインターを3メートルの距離から約1秒間照射したところ、この教諭は網膜にやけどを負い、後遺症として視力が0.2に低下したとの事例を紹介していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中