三菱自動車、エコカー2車種で不具合 販売を一時中止

印刷

   三菱自動車は、家庭で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)の「アウトランダー」に搭載しているリチウムイオン電池が発熱し、一部が溶ける不具合が発生した、と2013年3月27日に発表した。また、電気自動車(EV)の「アイ・ミーブ」用の電池ケースも工場内で発熱し、発火する事故があった。けが人は出ていない。

   これに伴い、原因究明のための調査期間中、販売を一時停止するとともに、購入者に充電を控えるよう呼びかける。

   同社によると、PHVのアウトランダーで発生した不具合は販売前の在庫車両で、神奈川県の販売会社が納車準備のために充電したところ、3月21日に車両が動かず、異臭がして電池のカバーの一部に溶けた跡があったという。

   一方、三菱自動車の水島製作所(岡山県倉敷市)では18日、アイ・ミーブ用のリチウムイオン電池が充放電の検査中に過熱し、電池ケースが発火する事故が起きた。

   アウトランダーとアイ・ミーブに搭載されているリチウムイオン電池は、ジーエス・ユアサコーポレーション(GSユアサ)が51%出資するリチウムエナジージャパンが製造した。原因究明にはGSユアサも協力する。

   三菱自動車は、問題があればリコール(回収・無償修理)などの措置をとる考えだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中