「服に1回で350万円使う」あきれた金銭感覚 オセロ中島が明かした洗脳騒動の真相

印刷

   「女性占い師による洗脳」騒動などで長期休養していたオセロの中島知子さん(41)が、2013年3月29日放送の「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)に登場、約2年ぶりにテレビ出演した。

   中島さんが自らの口で語った「休養期間の真実」は、これまでの報道とは大きく異なるものだった。

「家賃で返すから、一緒に住んでくれないか」と提案

   放送前日の3月28日、リポーターの長谷川まさ子さんが中島さんの独占インタビューを敢行した。カメラの前に現れた中島さんは「激太り」と言われた時期からはかなり痩せ、かつてのスタイルを取り戻したように見えた。ヒョウ柄でヒールの高い靴にピアス、化粧もちゃんとしており、綺麗な見た目だった。

   久々のテレビ出演を決めた理由は「視聴者を始めスタッフの方、今回のことをご存知の方に迷惑をかけてしまった。どこで出ればいいかもずっと気付けなかったが、自分がちゃんとテレビに出て説明すればよかったんだと気付いた。いつまでも話がおさまらないのも自分のせいだと思い、自分で出演を決めた」とした。

   噂の女性とは8年前、ある店の客同士として知り合った。当時はアルバイトとして占いも行っていたという女性は中島さんにとってよき相談相手で、毎日遊ぶほど仲良くなった。

   中島さんは金遣いが荒く、「服に1回で350万円使う」ほどだという。買い物に行った際「今日どうしても欲しい」と思った商品があったときに現金が足りないと、その女性から借りるようになり、返さぬまま借金がたまっていった。中島さんは元々仲良くなった人と一緒に住みたくなる性質だといい、たまった借金を返す意味も含めて「家賃で返すから、一緒に住んでくれないか」と女性に提案したそうだ。

   「向かいのマンションに女性の親族も住み始めた」という報道については、「肉の食べすぎで太った時にどこにでも記者が来て、それが嫌で引きこもっている時があった。親族にもお金を借りていて、買い物や食事を手伝ってもらうため、自分が家賃を負担してそこに住んでもらった」とした。

洗脳やマインドコントロールについては「意味がわからない。されてないです」

   女性は堅実な人で、中島さんを度々注意していた。しかし「元々お金持ちだったわけではなく、金が急に入ってきた人間なので、どう使ったらいいかわからない」という中島さんの散財は直らなかったようだ。

   洗脳やマインドコントロールという報道については「意味がわからない。されてないです」ときっぱり否定。カウンセリングを行った苫米地英人氏は、中島さんに対面した瞬間「この人はマインドコントロールされてないと思うんだけど、どうする?」と周りの人に話したというから驚きだ。

   むしろ女性を自分の問題に巻き込んでしまったという中島さんは、「自分がこういう目立つ職業をしているという意識が足りなかった。色々迷惑をおかけして申し訳なかった」「できれば会って申し訳なかったという意を伝えたい」と話した。

   3月28日に所属していた松竹芸能を退社した中島さんだが、今後の仕事については「できたらすぐにでもやりたい。今日午後からでも」と前のめりだ。「色々あって反省したので、一からやり直す意味で新しい自分を見ていただけたら」と意欲を示した。

   インタビューを行った長谷川さんは「至って普通だと思った。お笑いの人らしくジョークも交え、理路整然としていた」と振り返った。スタジオのコメンテーターらも、「元気そう」「昔通りに戻っている」と、安心している様子だった。

   なお、ワイド!スクランブルでは4月1日にも中島さんの特集を放送する。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中