「横須賀、三沢、沖縄も射撃圏内」 労働新聞が警告

印刷

   北朝鮮の朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」(電子版)は2013年3月31日の紙面で、「米帝侵略軍の前哨基地である横須賀、三沢、沖縄、グアムはもちろん、米本土もわれわれの射撃圏内にある」と指摘し、在日米軍基地も北朝鮮軍の攻撃対象だと警告した。また、「日本から飛来するどんな航空機や巡航ミサイルも迎撃できる」とも主張した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中