人気声優茅原実里のファンクラブ突然解散 引退ではなく独立、所属事務所も移籍?

印刷

   アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の長門有希役などで知られる人気アイドル声優の茅原実里(ちはらみのり)さんが、2013年3月31日付けで所属事務所との専属契約を満了した。発表と同日をもってファンクラブも解散と言う急展開で、ファンの間に衝撃が走っている。

所属事務所「本人の強い意思を尊重し契約満了」

   茅原さんが所属していたエイベックス・プランニング&デベロップメント(APD)運営の公式サイトは2013年3月31日、「茅原実里を応援して下さっている皆様へ」と題し、以下のような文を投稿した。

「(…)度重なる話し合いの結果、弊社と致しましては引き続き、茅原実里の活動を支えていく事を希望しておりましたが、本人の強い意思を尊重し契約満了という結論に至りました。
それに伴い茅原実里オフィシャルファンクラブは2013年3月31日をもって解散をさせていただく事になります事を併せてご報告させていただきます。(…)
ファンの皆様にはご心配をお掛けし誠に申し訳ございません。これからも茅原実里の応援をどうぞよろしくお願い致します」

   一体何があったのか、詳しい事情を聞こうとJ-CASTニュースが2013年4月1日、APDに問い合わせたところ、「わかりかねてしまうのでご回答できないということになってしまうんですけれども」と要領の得ない返答を得た。

すでに新たな公式サイトとブログが始動

「移籍は普通だとしてもFC解散は慌ただしすぎる。顧客放棄だしな、まだなんとも言えんがみのりんも俺らも苦労しそうだな」
「壮大なエイプリルフールネタだと思いたい」

   あまりにも突然の展開に、理由についてファンの間ではさまざまな憶測が出た。

「売り方や今後の方向でAPDと相違があったってことなのか」
「待遇悪かったとはいえ、ずっと世話になった事はたしかだから、せのりんが独立した時について行く事は決めてたけどちょっとの間御礼奉公をしてたとか」

   茅原さんのマネージャー・せのりんこと瀬野大介さんは2011年にAPDから独立、声優プロダクションを立ち上げた。以来、茅原さんのマネジメントは瀬野さんの会社に業務委託されていた。ファンの間で有力なのは、そこに移籍したかったのではないかという説だ。

   これを示唆するかのように、瀬野さんのツイッターアカウントでは、2013年4月1日、茅原さんの新たな公式サイトとブログ「Smile Days」の立ち上げを明かしている。

茅原さん「自分の力ではどうすることもできませんでした」

   茅原さんは1日、新たなブログに「みんなへ。」と題して書き込み、「すべてが、こんな形で突然の報告になってしまったこと、本当に本当にごめんなさい」などと繰り返し謝罪した。「自分の力ではどうすることもできませんでした」という。

   そして、「歌手になりたい」とエイベックス・アーティスト・アカデミーの門をたたいた自分を発掘してくれたAPDや社長には心から感謝しているとしつつ、「一人で長い間悩んできました…」「私のわがままになってしまうのかもしれませんが、これからは新しい環境を作り、新しい気持ちで仕事に励んでいきたいという決断に至りました」などと今回の件にいたる経緯を説明。文章をこう結んだ。

「今は謝ることしかできませんが、私はこれから先、またみんなと一緒に笑顔で過ごせる場所を作っていきたいと思っています。許されるのであれば、どうか、その時を待っていてください。もちろんこれからも、今までと変わらず、声優のお仕事も、歌のお仕事も続けていきます。自分のお芝居や、歌で、私を応援してくれているみんなに、今まで以上にちゃんとお返しできるように頑張っていきますので、どうか、これからも応援よろしくお願いします」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中