iPS騒動森口尚史氏の懲りない主張 電子書籍で「事実上世界初の臨床応用」

印刷

   「iPS細胞騒動」でおなじみの森口尚史氏が、久しぶりに公の場に登場した。niconicoが提供する有料ブログ・メルマガ「ブロマガ」で連載を始めたのだ。

   開始日は「エイプリルフール」の2013年4月1日。トップページには手術着姿の森口氏の写真が掲載される。肩書きは「元東京大学特任教授」で、「医学報道の光と闇」を暴く連載になるという。さっそくお金を払って購読してみたが――

タレント転身説を否定「事務所も所属していない」

森口尚史氏が始めたブロマガ「医学報道の光と闇」。今後はニコニコ生放送なども行う予定だという
森口尚史氏が始めたブロマガ「医学報道の光と闇」。今後はニコニコ生放送なども行う予定だという

   ブロマガのページでは、連載第1回の前半部分が無料で公開されている。森口氏はその中でスポーツ紙などの「タレント転身」「事務所所属」報道について、

「私は芸能事務所に所属したわけではない。そもそも、私などにタレント性や才能などがあるはずも無く、芸で身を立てる事は以前も今も考えられない」

とやや自虐的に否定、現在は

「再び研究などの仕事で忙殺されている」

と主張する。

   「そこで……」ときたところで、無料部分は終わりだ。先を読むには月額525円の有料会員にならなくてはいけない。お金を支払い、続きを読むことにする。ところが、

「私の件(話題のヒトiPS細胞臨床応用のホントのところ)については、2013年4月3日に電子書籍が発刊されるので、まずは、それを読んでいただきたい。よろしくお願いします」

   なんと「ココから先は有料で!」といわれたその直後に、またさらなる支払い誘導が出てきてしまった。その後の文章の大半も、これからの活動予定などが早足につづられているだけ。今後の連載も込みでの値段とはいえ、525円払ってこれではちょっとガックリだ。

   仕方がないので、泣く泣く電子書籍も購入することに。2部構成で、前編が300円、後編が250円。2冊合わせても1時間もかからず読み終わる。

美人秘書「S嬢」と大人なロマンスを繰り広げる

   ところがこの電子書籍が意外と面白い。冒頭、問題となったiPS細胞の臨床利用を「ボストン在住の優秀な外科医J」から国際電話で打診される場面からして、

「ちなみに、お前が良く知ってる患者なんだがね……」
「えっ。それはまさか……」
「おっと、すまない。これから緊急手術が入ったんでね。では、また後で。くれぐれもよろしくな」

といった調子で、やけに芝居がかった軽妙な会話が何ページにもわたって続く。他の場面でも森口氏がワインの知識を披露してみせたり、「J」の美人秘書「S嬢」と大人なロマンスを繰り広げたりと、まるでちょっとしたハードボイルド小説のような展開だ。なおS嬢とのくだりは本筋の「iPS騒動の真相」とほとんど関係がない。

   森口氏はこの著書の中で、Jが執刀した1例の手術においては、間違いなくiPS細胞の「事実上世界初」の臨床応用がなされたとして、関係者からのメールなども掲載して自らの正しさを強調する。

   とはいえ、手術を受けた患者からの森口氏へのメール画像がなぜか原文ではなく「日本語訳」だったり(他の英文メールはほとんどがそのまま)、「J」が写真まで載っていながら素性が明らかにされなかったり、論文に(森口氏の言う)「誤り」が生じた理由があいまいだったりと、肝心な部分で不明瞭な点が多い。臨床実験の背後に米軍などが関わっており、その圧力があったのではとの見方も示唆されているが、確証は全くない。

   もっとも森口氏は相変わらず自信満々だ。最終章では、問題の手術を元にした学術論文がまもなく医学誌に掲載されると予告し、文章をこう結んでいる。

「To be continued」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中