今井メロ「絶対に負けたくないし見返したい」 ヌード写真集踏み台に「女優転進」に賛否両論

印刷

   元スノーボード日本代表選手だった今井メロさん(25)がヌード写真集を出すのをきっかけに、「女優への道を切り拓きたい」と発言したことについて、女優の佐藤仁美さん(33)が、ヌードと女優の関係が意味不明だし、「役者をすごくバカにしている」と猛反発した。

   しかしメロさんは、女優になることは自分が決めたことなので「絶対に負けたくない。見返したい」と譲らなかった。

「役者をすごくバカにしている!」と佐藤仁美

   メロさんが出演したのは2013年3月28日放送のフジテレビ系「ドラゴンレイディ」。この番組は、問題ありと思われる話題を取り上げ、24人の出演者がそれをジャッジするというもの。その中で女優の佐藤さんが問題にしたのがメロさんの行動だった。ヌード写真集を出すことは自由だが、女優になるためにヌード写真集を出すということに怒りを覚える、として、

「役者という部類をすごくバカにしている!」

とキレた。

   このときのジャッジは、ヌード写真集を出して女優になることに賛成が7人、反対が17人だった。メロさんはこれに対し、自分はシングルマザーであり、子供を育てるのにお金が必要で路頭に迷っている状態で何でお金を稼ぐか悩んだ末に女優と決めた、と説明。

「一つの自分の道を切り拓く、その過程の先に女優がある」

とも語った。

   佐藤さんの怒りは収まらないようで、女優になる過程は本を読むとか映画を観るといった勉強であるはずなのに、その過程にヌードを持ってきて、女優とヌードを一緒にしている意味が分からない、と詰め寄った。

   実はメロさん、2012年9月に自身の半生を綴った「泣いて、病んで、でも笑って」を出版している。内容は18歳でオリンピックに出場してからの転落人生が書かれていて、キャバクラ嬢、風俗店勤務を経験し、2度の離婚、自殺未遂、中絶、整形など凄まじい内容となっていて、この出版をきっかけに芸能界デビューすることを決めていた。

   ただし、当時出演したMXテレビ「5時に夢中!」では、芸能の何の分野で仕事をするかを決めかねている様子で、そのせいか出版後も芸能界からオファーがかからず、宙ぶらりんの状態が続いた。

兄の成田童夢は「やってみろ!」と妹を応援

   そんなメロさんが「女優宣言」をしたのが、インターネット放送局「北参道放送局」で13年2月3日に行われた開局1カ月イベント。電話で出演し、兄の成田童夢さん(27)の所属事務所とマネジメント契約したことを明らかにし、天海祐希さんに憧れているなどと語っていた。成田さんもスノーボードのオリンピック選手だったが、現在はサブカルチャー分野のタレントとして活動している。

   その成田さんもこの日の「ドラゴンレイディ」に出演し、妹のメロさんについて、

「今回のヌードを含め全否定するのが兄の勤めだとは思うが、メロは一途だし、一度やると決めたら考えを変えない。とすれば、徹底的にやってみろ!と言うしかない」

という立場を示した。

   メロさんは、

「決めたことやし、絶対に負けたくない。見返したいし、次に会ったときに成長したといわれたい」

などと女優への決意を新たにしていた。ヌード写真集を出して女優になることに対する番組の最終ジャッジは、賛成が15人、反対が9人に変わっていた。メロさんのヌード写真集「Mellow Style」は、講談社から13年4月5日に発売される。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中