「票数は愛だ、と言うけど…」 総選挙「不出馬」メンバーが大島優子批判?

印刷

   2013年のAKB48選抜総選挙の立候補が4月7日24時に締め切られ、候補者が出揃った。

   現役メンバーから意外な辞退者も出て話題となっているが、中には選挙の制度自体に批判的な意見をしているメンバーもいて、物議を醸している。

「こんな形にしなくても、ちゃんと愛伝わっています」

中塚さんの投稿
中塚さんの投稿

   今回の総選挙で立候補せず、現時点で卒業の予定もないメンバーは、AKB48チームAの中塚智実さん、チームKの松原夏海さん、チームBの小森美果さん。SKE48チームSの鬼頭桃菜さん、チームKIIの佐藤聖羅さん、向田茉夏さん、研究生の荻野利沙さん、大脇有紗さん、藤本美月さん。NMB48チームNの岸野里香さん、チームMの小柳有沙さん、山本ひとみさん、JKT48の仲川遥香さんの13人だ。

   不出馬の理由はそれぞれで、「今の自分に満足していないから」(小柳さん)、「AKBとJKT、両方とも完璧にはできない」(仲川さん)などとブログやGoogle+で説明している。

   そんな中、中塚さんが13年4月7日にGoogle+に投稿した不出馬の理由が話題になっている。

「私は、今回の総選挙には参加しません。正直なことを言うと、立候補制って聞いて迷うことはありませんでした。がっかりさせてしまったらごめんなさい。票数は愛だ、と言うけど。こんな形にしなくても、皆さんの愛、ちゃんと伝わっています」

   「票数は愛」とは大島優子さんが11年の選抜総選挙で2位に選ばれた際のスピーチの言葉で、ファンがCDを大量に購入することへの批判に「私たちにとって票数は愛です」と反論したことを指していると思われる。「こんな形」という表現からは、総選挙への否定的な立場がうかがえる。

立候補メンバーも「ファンの人から搾り取るのは…」

   中塚さんの投稿に対し、ファンからは「これからも変わらず応援してるからね!」「クリス(編注:中塚さんのあだ名)の決断、尊重する!」など応援コメントも寄せられたが、「出るメンバーの事も配慮した言葉を選んでほしかった、かも」「先輩の言葉を批判しちゃうのはどうなのかな?」「『こんな形にしなくても』は言葉の選び方がマイナスですよ?」など、中塚さんの言葉に疑問を投げかける人もいる。

   さらに2ちゃんねるでは「中塚が大島の『票数は愛』発言を批判wwwwww」というスレッドが立てられてしまい、「言い方気をつけたほうが・・・知らんぞw」「1位様に喧嘩を売るとは」「こんな形ww商売を否定したら消されんでw」など、面白おかしく書き立てられている。

   中塚さんは4月7日夜に再びGoogle+を更新。「良く思わない人もいるけれど、どんな意見も私は受け止めようと思います。ていうか、受け止めなくちゃいけない。それも大事なこと」と書き、先の発言を弁明はしないが、甘んじて批判は受け入れるという立場を示した。

   今回は立候補したメンバーからも、総選挙の制度に対する批判のような声が上がっていた。

   NMB48チームMの木下百花さんは4月7日、立候補の届出を出した直後にGoogle+で「言い方は悪いんですが、ファンの人から搾り取ると言うか、そういうのはちょっとあれかな、とか考えた」と投稿し、ファンに多額の金をつぎ込ませることを疑問視していた。しかしファンに諭され、翌8日には「搾り取ると言う表現は間違ってて、ファンの人は投票したいから投票するんだよ、その考えはファンの人に失礼だよ、ってコメントがいくつもあって、いくらかこの重い考えから救われた気がします」と考えを改める投稿をしている。

今回の総選挙で3位以内に食い込んで来そうなメンバーは?
指原莉乃(前回4位)
板野友美(前回8位)
松井珠理奈(前回9位)
山本彩(前回18位)
島崎遥香(前回23位)
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中