長期金利 金融緩和なのになぜ上昇?

印刷

   長期金利の動きが荒れている。東京債券市場で国債の売買が交錯したためで、2013年4月5日午前には年0.315%まで下落(国債価格は上昇)して過去最低を更新したが、その日の午後には0.6%台まで上昇(価格は下落)。その後もじわりと上昇している。

   きっかけは4日に日本銀行が「量的・質的金融緩和」を発表したことだが、一般に「金融を緩和すれば、金利は下がる」ものだが、そのようにならないのはなぜだろう――。

「1年分の値動きが、わずか1日で起こった」

   日銀が「量的・質的金融緩和」を決めたことを受けた4月5日の東京債券市場は、朝から日本国債を買う動きが強まり、長期金利の代表的な指標となっている新発10年物国債(328回債)の利回りが前日に比べて0.140%低い年0.315%まで下落(国債価格は上昇)した。

   ところが、その日の午後には0.6%台まで急上昇(価格は下落)し、動きの激しい展開となった。

   BNPパリバ証券チーフ円債ストラテジストの伊藤篤氏は、「この値幅(0.3ポイント)は2012年の1年間で動いた値幅と同じです。つまり、1年間で動くものを、わずか1日で動かしてしまった。日銀の政策はそのくらい大きなサプライズだったわけです。当然、金利は低下しましたが、さすがに0.3%台の水準よりは下がらないだろうと判断した投資家が、午後に当面の利益を確定するため、まとまった売り注文を出したわけです」と話す。

   日銀は新たな金融緩和策に基づいて、償還までの期間が5年を超える国債を1兆2000億円買い入れて、10日に資金を供給するとしていた。

   日銀が1兆円を超える長期国債を1度に買い入れることは過去になかったことで、4月8日以降の東京債券市場は先週末に続いて、国債の売買が交錯して長期金利が乱高下する、荒れた展開になっている。

   8日も一時は0.440%まで低下したが、その後に0.530%まで上昇し、結局0.525%で取引を終えた。9日には前日比0.03~0.045%上昇していた。

   BNPパリバ証券の伊藤氏は「日銀による国債の買い入れがあまりに巨額なため、投資家はその影響がどの程度ものか判断できず、適切な価格水準を見定められなくなっています。この1~2か月くらいはこうした状況が続くのではないでしょうか」とみている。

金利上昇は「投資家が国債の買いを控えている」ため

   とはいえ、「金融を緩和すれば、金利は下がる」というのが一般的。金融を緩和すれば、市中に出回るお金が増える。お金が増えれば、お金の価値が相対的に下がり、物価が上がる。それにより、物価上昇目標の2%が達成できる。これが日銀のシナリオだ。

   前出のBNPパリバ証券の伊藤篤氏は、「この局面での金利上昇は、簡単に言えばサプライズの影響です。とにかく日銀の国債買い入れ額が大きすぎたので、投資家が価格変動リスクへの不安を募らせ、(国債の)買いを控えている状況にあります」と説明する。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中