ガソリン5週連続値下がり 低燃費車普及で需要低下か

印刷

   経済産業省の資源エネルギー庁が2013年4月10日に発表した4月8日時点のレギュラーガソリンの全国平均価格は155.0円/リットルで、前週の155.2円から0.2円下落。5週連続で値下がりとなった。

   調査を担当したエネルギー経済研究所の石油情報センターは、軽自動車やハイブリッド車といった低燃費車の普及と、レジャー需要の減少によりガソリン需要が低下し、小売店の競争が激化して値下がりにつながったと見ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中