GReeeeNが「本人不在ツアー」敢行 「やる意味あるの…?」疑問相次ぐ

印刷

   歯科医4人によるボーカルグループ「GReeeeN(グリーン)」が、初めての全国ツアーを開催する。このツアーの内容が、かなり「斬新」だ。

   メンバーは出演せず、素顔も公開しない、「バーチャル」なライブになるらしい。ファンからは期待の声も上がっているが、本人不在のライブに「意味あるのか?」「テレビでいいじゃん」と疑問も噴出している。

声と動きを事前に映像化、バーチャルな姿で出演

   GReeeeNは「最新技術による新感覚エンターテインメントツアー!『俺らレボリューション』」と題して、2013年8月13日から23日にかけて、結成時の活動拠点だった福島をはじめ、東京、大阪など6か所を回るツアーを行う。

   GReeeeNは07年のデビューから一貫して素顔を公開しないという姿勢を取っており、CDジャケットやプロモーションビデオなどにも登場していない。今回のツアーでもそのスタイルを踏襲し、メンバーの声と動きを事前にモーションキャプチャーで記録し映像化、バーチャルな4人のシルエットがステージに登場し全国を回る。

   チケットは前売り5800円、当日6800円(いずれもドリンク代別)で、4月10日から先行予約が始まっている。

   GReeeeNは12年6月にも、ファンクラブ会員限定で、事前に収録したメンバーのシルエットの映像を流すイベントをNHKホール(東京・渋谷区)で行っていた。涙を流して喜ぶファンもいたようで、このイベントでの手ごたえが今回のツアー開催につながったようだ。

「生歌だと不都合なの?」「金払って見る意味わからん」

   今回のツアー決定を受けて、GReeeeNのファンはインターネット上で「絶対いきたい」「楽しみ!!8月あけとかないと」などと期待の声を上げている。

   一方、生身のミュージシャンを見ることができないライブということで「やる意味あんの?」「姿が見えないように本人が会場で歌えばいいじゃない。それとも生歌だと何か不都合があるの?声を加工できないと何か不都合があるの?」「映像流すだけなのかwもはやそれテレビでいいじゃん」「なんで顔も見れん奴のライブ金払って見るんか意味わからん」など、疑問や批判の声も上がっている。

   バーチャルライブと言えば、音声合成ソフト「VOCALOID」のキャラクター・初音ミクのライブイベントが知られている。

   スクリーンにミクを立体的に映し出し、あたかもそこにミクが存在して、歌って踊っているかのような体験ができるもので、観客はペンライトを振ったり、歓声を上げたりして熱狂の渦に包まれる。

   今回のGReeeeNのツアーについても、初音ミク感覚で楽しめばいいのでは、という意見もあった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中