広島・長崎と「対比できない、途方もない災難」 北朝鮮が日本の5都市名指しで威嚇

印刷

   北朝鮮の金正恩第1書記が2013年4月11日、就任1周年を迎えた。数日中にも「祝砲」とも言える形でミサイルを発射するとみられる中、北朝鮮が日本の具体的な都市名を挙げて警告するなど、威嚇を強めている。

   また、朝鮮労働党の機関紙にあたる労働新聞の4月11日の社説では、

「過去1年の間に、通常の政治家が数年、数十年をかけても成すことができない巨大な業績を重ねた」
「今日の世界政治の舞台の中心には、敬愛する金正恩同志がしっかりと立っておられる」

と、金正恩氏の功績を称え、このところの挑発的な言動で世界の目が北朝鮮と正恩氏に集まっていることに陶酔するかのような一面も見せている。

「日本の戦争遂行能力が一撃で消滅する可能性」に言及

   北朝鮮メディアは連日のように米国や韓国に対する敵対姿勢を強めている。日本も例外ではない。労働新聞は3月31日の段階で「横須賀、三沢、沖縄、」といった在日米軍基地を名指しした上で、「われわれの射撃圏内にある」と宣言。4月10日には

「対朝鮮敵視策動が日本にもたらすのは破滅だけだ」

と題した論説を掲載し、「日本領土を米帝の朝鮮侵略拠点として提供している」ことを根拠に、

「日本の反動層は、朝鮮再侵略の機会を逃そうとしていない」

と主張。その上で、

「日本の主要都市である東京、大阪、横浜、名古屋、京都は日本の人口の3分の1以上が住んでいる」

と日本の都市機能の大半が一部都市に集中していることから

「日本の戦争遂行能力が一撃で消滅する可能性を抱えている」

とも分析。きわめて強い調子で日本への攻撃姿勢を示した。

「過去の朝鮮戦争の時、私たちは、日本の侵略基地を報復攻撃する能力がなかった。しかし、今、我々人民軍は、日本はもちろん、アジア太平洋地域の米帝侵略軍基地をたちまち撃破してしまう報復能力を十分に持っている」

   広島と長崎への原爆投下を念頭に置いた記述もあり、被爆者からの批判も出そうだ。

「日本の地には、数多くの米軍の核基地と原子力関連施設、軍事施設が点在している。日本は1940年代に受けた核の惨禍とは対比できない、途方もない災難を受けることを避けることができない」

エジプトメディア「ミサイルの幾つかが東京の中心部に狙い」?

   これに先立つ4月9日夜には、エジプト人タレントのフィフィさんが

「先程エジプトから連絡があり、エジプトで北朝鮮情勢がニュースで大きく取り上げられているが日本ではどうかと尋ねられた。ちなみにエジプトでは、北朝鮮と韓国にいる外国人に対して退去指示だけではなく、ミサイルの幾つかが東京の中心部に狙いを定めて配置されたといった内容が報道されているそうだ」

と、より切迫した内容を書き込み、波紋が広がった。

   フィフィさんが指摘したエジプトメディアの具体的な報道内容は明らかではないものの、東京・市谷の防衛省敷地内に航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)が配備されたことは現地でも広く伝えられている。ただ、現地メディアでは「首都中心部にパトリオットミサイル配備」といった表現が多く、このことが伝言ゲーム式に内容が変化して伝わった可能性もありそうだ。

   ただ、エジプト企業と北朝鮮は特別なつながりがあることでも知られている。大手財閥のオラスコム・グループ傘下の携帯電話会社「オラスコム・テレコム」は、関連会社を通じて北朝鮮唯一の携帯電話会社「コリョリンク」の株式の75%を保有。長い間建設が中断していた105階建ての「柳京ホテル」も、08年にオラスコム・テレコム社の出資で工事が再開された。この背景から、エジプト側に何らかの情報が伝わった可能性もある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中