皇太子ご夫妻のオランダ国王即位式出席問題 宮内庁長官はなぜ異例の「苦言」を呈したのか

印刷

   オランダ国王の即位式まで20日を切っているにもかかわらず、皇太子ご夫妻の出席が定まらないため、宮内庁が困惑している。皇太子さまの訪蘭は内定しているが、病気療養中の雅子さまの同行がはっきりせず、返事ができないでいるからだ。

   宮内庁の風岡典之長官は2013年4月11日の定例記者会見で、「一刻も早く決めていただきたいと強くお願いしている」と明かしたが、こうした「苦言」はきわめて異例だ。

近づく「非礼」にあたるタイムリミット

   4月30日、オランダでウィレム・アレクサンダー皇太子の国王即位式が行われる。その式典に、皇太子ご夫妻は出席するのかしないのか――。

   宮内庁の風岡長官によると、オランダからは3月初旬に即位式への招待があった。そのことは4月5日に、皇太子ご一家をお世話する小町恭士東宮大夫も、オランダ王宮府から正式に「招待状」が届いたと明かしていた。

   しかし、これまで風岡長官や小町東宮大夫らがご夫妻の意向を確認してきたが、まだ回答を得られないという。

   11日の会見で、風岡長官は「期日も近づいており、オランダ側の準備に影響を与えないようにする必要がある」とも述べた。

   オランダにしても、国王の即位式には世界中の王室を招いている。宿泊地の手配から晩餐会の席次など、調整しなければならないことは山積している。

   日本だけが「特別扱い」であるはずもなく、あまりに直前の返事ではオランダ王室に礼を失することになる。

   療養中の雅子さまの健康状態を診てのこととはいえ、宮内庁がヤキモキしているようすは容易に想像できる。

   週刊新潮(4月18日号)によると、宮内庁幹部の証言として、「両陛下もまた、お相手を待たせている事態に、ことさら案じられています」と、皇居では天皇・皇后両陛下から職員までもが気を揉んでいる、と報じている。

   皇太子ご夫妻の外遊には閣議の了承も必要になるので、ともかく一刻も早く「イエスか、ノーか」を表明しなければならない。同誌は「『非礼』にあたるタイムリミットに差し掛かっている」と書いている。

雅子さまにとってもオランダは好印象

   日本の皇室とオランダ王室とは、2000年に「日蘭交流400周年」で天皇・皇后両陛下が訪蘭するなど良好で、06年夏には静養のため皇太子ご一家が約2週間、王室の離宮であるヘット・アウデ・ロー城に滞在したこともある。

   雅子さまにとってオランダは好印象と思われ、ご自身も訪問したい意向があると伝えられている。なぜ、返事が遅れているのだろう――。

   雅子さまが「適応障害」と診断され、療養生活に入って10年。この間、常に医師の意見を聞きながら、体調を見極めながら、ご公務にあたっていた。

   そうしたなか、今回のオランダ行きについて、週刊新潮は4月18日に予定されている「春の園遊会」との兼ね合いを指摘している。雅子さまにとって園遊会は「つらい」ご公務で、2003年秋の園遊会を最後に、10年間姿を見せていない。早めに返事をすれば、春の園遊会にも姿を見せなければならなくなるので、ためらっているとの見方だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中