株価続落、一時270円超下げ ボストンの爆発で一段安

印刷

   2013年4月16日の東京株式市場は日経平均株価が大幅続落ではじまり、一時271円20銭安の1万3004円46銭まで急落した。前日の欧米での株安の流れを引き継ぎ、幅広い銘柄で売りが優勢となっていた。加えて、米ボストンマラソンのゴール付近での爆発が、9.11のテロを連想させて投資家心理を冷やし、一段安を引き起こした。

   外国為替市場で円相場が1ドル96円台、1ユーロ126円台に上昇。これを受けて、輸出関連株に売りが広がっており、なかでもトヨタ自動車やホンダなどの下げが目立つ。また、三菱UFJやみずほFGなどの銀行株も大きく下げている。

   目先の利益をひとまず確定する売りが広がっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中