阪神・藤浪初勝利の陰で日ハム・大谷が離脱 ゴールデン・ルーキーの明暗くっきり

印刷

   阪神の藤浪晋太郎はやはり「甲子園の申し子」だった。2013年4月14日、地元甲子園での初登板でプロ初勝利。同じ日、日本ハムの「二刀流」大谷翔平は一軍登録を抹消された。東西の黄金ルーキーが明暗を分けた1日となった。

6回5安打無失点の投球にスクイズも成功

   藤浪のピッチングは見事だった。DeNA相手に先発で6イニングを投げ、5安打されたものの無失点。阪神を勝利に導いた。

「ストレートはそれほど走っていなかったけれども、悪いなりに抑えることができました」

   そう総括した19歳の新人に4万5000人を越えるファンは大きな拍手を送った。和田豊監督も満足のコメントを出した。

「キャンプから課題をしっかりとこなしている。走者を出してもどんどん勝負した。頼もしい限りだ」

   藤浪は投手にはやっかいなスクイズも決めた。高校時代にたたき込まれた「甲子園野球」の成果だろう。このプレーでも虎ファンを喜ばせた。

   一方この日、日本ハムの大谷がベンチから消えた。「出場選手登録」から抹消された。13日のオリックス戦で右翼を守り、ファウルフライを追った際に右足首を捻挫したのである。

   藤浪と大谷は今シーズンの高卒大物ルーキーとしてのライバル。「東の大谷」「西の藤浪」といった構図で、プロ野球にとっては理想の形といえる。その二人が同じ日に明暗を分けることになったのだから皮肉だ。

入団後の注目は大谷に集中したが……

   二人のキャッチフレーズは、藤浪が「甲子園の申し子」なら大谷は「二刀流」。藤浪は周知の通り、昨年の甲子園大会で大阪桐蔭のエースとして春の選抜、夏の選手権を連覇。その圧巻のピッチングは記憶に新しい。花巻東の大谷は投げるだけでなく打力も優れ、投打とも専門家の評価は良かった。

   高校時代は圧倒的に藤浪の方が注目度は高かった。ところがドラフト会議後は大谷にメディアが集中した。大リーグ希望から日本ハム入りへの変更。投手と打者の二刀流挑戦。そして開幕戦での先発出場と初安打。投手一本の藤浪より話題は豊富で、当然ながらマスコミの露出は増えた。

   しかし、ここへきて藤浪が実力を見せつけた。大谷は試合に出たり出なかったりのうえ、投手としての出番は二軍戦まで、と中途半端な印象をぬぐえない。

   こんな情報がある。大谷は疲労が蓄積しており、捻挫もその影響ではないか、と。普通なら「足をひねるようなプレーではない」という。つまり故障を理由に休ませたわけである。確かに、キャンプ以来、目一杯の練習をしてきた。心身ともに相当まいっていることは予測できる。

   藤浪はローテーション投手として登板してくる。一方の大谷は一層難しくなる。ともに次代を背負う素材。育て方、使い方をファンは注視している。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中