北朝鮮が韓国に論理矛盾だらけの「最後通牒」 平壌は平穏、またも「言うだけ番長」なのか

印刷

   ミサイル発射が秒読みと伝えられている北朝鮮が、韓国側に異例の「最後通牒状」を突きつけた。金日成・正日親子の写真を燃やす抗議行動に激怒する形で、北朝鮮側からの先制攻撃を示唆する内容だ。文面も、きわめて強い調子だ。

   だが、その内容を詳しく見ていくと、「予告のない報復行動が開始されるであろう」と「予告」するなど、論理矛盾が目立つ、ちぐはぐな内容だ。

「最高の尊厳の象徴」燃やされて反発

   最後通牒は2013年4月16日未明、国営朝鮮中央通信を通じて発表された。文面では、

「南朝鮮のかいらいだけが白昼にソウルの真ん中で反共ごろつきの群れを駆り出して反共和国集会というものを開いてわれわれの最高の尊厳の象徴である肖像画を燃やす天人共に激怒する蛮行を働いた」

   北朝鮮が主張する「最高の尊厳」とは、金日成・正日親子のことだ。

   最後通牒の文面では、このことを理由に、

「許しがたい蛮行がかいらい当局のひ護の下で、それもソウルの真ん中で公然と働かされている限り、これからわれわれの予告のない報復行動が開始されるであろう」

と、北朝鮮側からの先制攻撃も辞さないことを宣言している。ソウルでこの種の抗議集会が行われることは珍しくなく、これまでにも北朝鮮は不快感を示したことがあった。ただ、「朝鮮人民軍最高司令部」の名前で声明が発表されるのは異例だ。

「最後通牒」でも対話の窓口開く

   ただ、内容を詳しく見ていくと、少なくとも3つの明らかな矛盾点が指摘されており、北朝鮮側の真意は読み解きにくい。ひとつが、上述の「予告のない報復行動が開始されるであろう」という点。「予告のない報復行動」が、文章にすることで事実上予告されている点だ。

   二つ目が、具体的な北朝鮮側のアクションについてだ。

「われわれの千万の軍民が最高の尊厳をどのように仰いで守るのかを見せるための朝鮮革命武力の正々堂々たる軍事的示威行動が即時に開始されるであろう」

とあるが、「即時に」であれば、すでに北朝鮮側の行動が始まっているはずだ。文面では「即時に」に対応する前提条件は示されていない。

   三つ目が、「最後通牒」の位置づけだ。最後通牒とは、

「紛争の平和的処理のための交渉を打ち切り、自国の最終的要求を相手国に提出して、それが受諾されなければ戦争等に訴える旨を述べた外交文書」(広辞苑第6版)

を指し、交渉の余地が事実上なくなったことが前提だ。ところが、今回の声明では、

「かいらい当局者が心から対話と交渉を願うなら、今まで働いた大小のすべての反共和国敵対行為に対して謝罪し、全面中止するという実践的意志を全同胞に示すべきであろう」

と、対話の窓口は開かれたままだ。

   それ以前に、最後通牒とは「外交文書」で、相手側に手交されるのが一般的だ。ところが、韓国側は「公式には最後通牒は受け取っていない」と主張しており、その根拠として、北朝鮮側が一方的にホットラインを遮断したことを挙げている。そもそも、最後通牒の体をなしていないとの指摘も出そうだ。

   AP通信などによると、4月16日の平壌市内は平穏そのもので、こういった状況も、「最後通牒」の信ぴょう性をさらに疑わしくさせる原因になっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中