「Hey!Say!JUMP」とのランチパーティー券が当たる 商品バーコードがヤフオクで高値取引

印刷

   男性アイドルグループ「Hey!Say!JUMP」のプレミアムランチパーティー券が当たる――。ハウス食品がバーモントカレーのキャンペーンでこううたったところ、応募に必要なパッケージのバーコードがヤフオクで取り引きされるまでになっている。

   この企画は、バーモントカレーの発売50周年記念キャンペーンの一環だ。パッケージのバーコードを4枚1口として応募すると、東京などの5会場で2013年8、9月に予定されているパーティーに、抽選で1000組2000人が招待される。

100枚セットが2万6000円で売れる

大量に取引されていた
大量に取引されていた

   この情報が3月末ごろに出回ると、ネット上では、「JUMP担」と呼ばれる女性ファンらから大きな注目を集めた。

「家、バーモントカレーの人いる? みんなバーコードください(笑)」
「毎日カレーでいーの?\おっけーい!!!」

   ツイッターでは、早くもこんな会話が交わされていた。

   反響は大きく、オークションサイトのヤフオクでは、バーコードだけのセットが売り出されるほどになった。

   対象となるカレー(238グラム、12皿分)の定価が295円(税別)なのに対し、バーコード1枚が100~200円台で売られている。ヤフオクには、100件以上が出品されており、中には、100枚セットが2万6000円で売れたケースがあった。

   さらに、バーコードを切り取ったカレーの扱いに困ったのか、「訳あり」などとして格安で大量に売りにも出されていた。

   こうした動きに対し、ネット上では、「ジャニーズの力はやっぱり凄い」などと驚く声が出ている。格安でカレーが売りに出され、「今日から毎日カレーにします!」などとする向きもあった。

   ハウス食品では、2009年も、同じジャニーズの男性アイドルグループ「嵐」を起用して、同様なキャンペーンを行っている。

「オークションに参加したのか応募で確認できません」

   このときは、ハウス食品商品のバーコードを3枚1口で応募する条件で、東京ディズニーシーで2009年11月20日に行った嵐のプレミアムナイトに3500組7000人を抽選で招待した。

   その結果、クイズ形式での招待分も含めて500万通もの応募があった。なんと1418倍の倍率だ。

   当時を思い出したというある嵐ファンは、カレーやシチューなどの商品を120個以上買ったが落選したとし、応募するのも一苦労だったことをツイッターで告白した。また、別のファンからは、「嵐イベントのときは家で朝カレー弁当カレー夜カレーは当たり前」「家の中がとんがりコーンとバーモントカレーで溢れかえって、バーコードのとこだけ穴が空いたやつらをいろんな人に配りました」といった声が漏れていた。

   ハウス食品の広報担当者は、今回のキャンペーンでも売り上げが伸びているかについては、まだ始まったばかりで確認できていないと慎重な見方を示した。ヤフオクでバーコードが取り引きされていることについては、「オークションに参加したのか応募で確認できません」として、特にコメントすることはないとした。

   一方、当たった招待券については、ヤフオクに出品すると、第3者への譲渡禁止をうたった応募条件に触れることになる。この点については、パーティー当日に身分証で本人確認すると説明している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中