ハーゲンダッツ店舗、日本から「消滅」 「なんでやー」「悲しい」惜しむ声相次ぐ

印刷

   アイスクリームを販売する「ハーゲンダッツ」の店舗が、2013年4月25日をもって日本国内からなくなることがわかった。今後は、スーパーやコンビニエンスストアでの製品販売に軸足を移すという。

   ただ、コーンやパフェなど店舗独自のメニューが食べられなくなるため、ネット上からは「悲しい」「なんでやー」などと惜しむ声が上がっている。

もともとブランド周知が目的だった

新浦安店の「消滅」で国内店舗は0に
新浦安店の「消滅」で国内店舗は0に

   ハーゲンダッツは、1984年に首都圏のデパートと高級スーパーマーケットで販売を開始。同年に国内1号店となる「ハーゲンダッツショップ 青山店」をオープンした。翌85年から横浜や東京・原宿、大阪や神戸、京都にも直営店を展開し、行列ができるなど盛況だった。

   ハーゲンダッツジャパンによると、店舗数は94年にピークを迎え、全国95店舗を誇った。しかし、99年以降、店舗数は減少傾向となり、2013年4月18日現在、残っているのは千葉県浦安市の新浦安店一店舗のみ。この店舗が25日をもって閉店するため、国内の店舗が「消滅」するというわけだ。ツイッターなどのネット上では地元店舗の撤退は知っていたがまさかすべてなくなってしまうとは…と驚く声が多く出ている。

   また、「ハーゲンダッツ日本から撤退しちゃうのショック(;_;) 」などと、事業撤退するかのような誤解も散見される。しかし、これは間違いだ。

   店舗がなくなる背景を、ハーゲンダッツジャパンの広報担当者は以下のように説明する。

「事業開始当初は、ブランドの認知を目的に、店舗を多く展開していました。現在ではみなさまに周知されておりますし、スーパーやCVSの売り上げが大きくなってきておりますので、こちらに軸足を移そうということです」

   ここ数年は、店舗の売り上げが占める割合は、全体の数%に過ぎず、カップアイスなどは好調のため、今後の事業に影響はないという。

ハーゲンダッツ「感謝するとともに、申し訳なく思っています」

   ハーゲンダッツの店舗では、スーパーやコンビニの商品では味わえない、コーンやパフェのメニューが親しまれてきた。そのため、ネット上では、「悲し過ぎて震える(T ^ T)なんでやーーーーー!!!!」「えーーーー?悲しい。。。しょぼぼん。」などと惜しむ投稿が相次いでいる。

「渋谷店が撤退してからすごい勢いでなくなっていったよね悲しい。サンデー美味しかったな」
「何時の間にか千葉以外全部なくなってたんか・・・。あのソフトクリーム食べたいなあ」

   こうした声に、ハーゲンダッツの広報担当者は、

   「ご愛顧いただいて、(閉店に際して)いろんな声をいただいておりますことに、感謝とともに、申し訳なく思っています」とコメント。その上で、「開発に関して、今後も魅力ある、より喜んでいただけるような商品を出してまいります」と語った。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中