PSY新曲「嫌がらせ」ビデオに批判 大手テレビ局は「放送禁止」決める

印刷

   日本以外の世界各地で大ヒットした「江南スタイル」で知られる韓国の歌手PSY(サイ)さんの新曲ミュージックビデオ(MV)が炎上気味だ。

   楽曲は前作と同様のテクノポップで、踊りもコミカルな内容なのだが、動画には視聴者を不愉快にさせそうな行動が満載。その中には「公共物を傷つけている」とみなされたものもあり、「放送不適格」として事実上の放送禁止処分にしてしまったテレビ局もあるほどだ。

公開から6日で1億6000万回再生

問題となった「ジェントルマン」MVのワンシーン。ユーチューブでは1億5000万回以上再生されている。
問題となった「ジェントルマン」MVのワンシーン。ユーチューブでは1億5000万回以上再生されている。

   PSYさんの新曲「GENTLEMAN」(ジェントルマン)のMVは2013年4月13日にユーチューブに公開され、1時間で100万回、1日で2000万回以上再生されるなど大きな関心を呼んだ。4月19日18時時点での再生回数、1億6000万回に迫っている。

   ミュージックビデオの長さは3分54秒で、PSYさんが人に嫌がらせをするとも取れる内容が多く含まれている。動画が始まった直後には、道路にとめてある車の横にある「駐車禁止」の文字が入った黄色いカラーコーンを蹴飛ばし、それ以外に動画の前半だけでも、(1)商店で高齢男性に自分の荷物を持たせる(2)女性が使用しているランニングマシンのスイッチを操作して女性を転倒させる(3)おなかを押さえてトイレに行きたそうにしている男性がエレベーターに乗ってくるのを見て、ボタンを沢山押して目的階に行くのを妨害する(4)図書館で読書をしている女性に「握りっ屁」をする(5)サッカーをしている子どもの集団に乱入し、ボールを遠くに蹴り出す(6)プールサイドの女性のビキニのヒモをほどくといった具合で、嫌がらせのオンパレードだ。

タイトルと実際の行動ぶりのコントラスト強調したかった?

   この動画は、PSYさんが不良ぶりを演じることで、「紳士」(GENTLEMAN)というタイトルとのコントラストを強調する狙いがあるとみられるが、韓国での評価は総じて低い。動画のコメント欄は、

「最悪」
「頭おかしいけど好き」

といった具合で、反応はバラバラだが、大手紙の中央日報は

「ネットユーザーの間では『どうなろうが未成年者が見るには適していない』という評価が支配的だ」

と、現地の冷ややかな声を伝えている。

   大手テレビ局は、特に冒頭のカラーコーンを蹴飛ばすシーンを「公共施設物を傷つけている」と判断。韓国メディアや米AP通信によると、KBSは4月18日、「公共放送としての放送基準に合致しない」として、「放送不適格」だと判定。報道番組の素材として使用する以外は、原則として放送できないことになった。KBSは韓国唯一の公共放送で、日本で言うNHKのような存在だ。

   民放のSBSでも放送基準に抵触すると判断。一部を編集すれば12歳以上向けに放送は可能だとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中