週刊文春がAKB河西智美スキャンダル報じる 卒業目前に「運営会社トップ宅にお泊まり」?

印刷

   卒業を控えているAKB48・河西智美さん(21)が、AKB48の運営管理会社であるAKSの社長・窪田康志氏宅に「お泊まり」したと、週刊文春が報じた。

   河西さんの所属事務所「ホリプロ」と窪田氏ともに宿泊自体を否定しているが、手をつないでいるようにも見える2ショット写真などが掲載されており、真相はやぶの中だ。

窪田氏「河西さんとは交際していない」

卒業間近、文春に取り上げられてしまった河西さん(13年3月撮影)
卒業間近、文春に取り上げられてしまった河西さん(13年3月撮影)

   河西さんと窪田さんの「お泊まり」を報じたのは、「週刊文春」13年5月2日・9日号だ。

   2人がただならぬ関係にあるという複数の情報を得た文春が13年3月から張り込みを始めたところ、握手会当日の4月6日、河西さんが開始時間の1時間前に窪田氏の自宅から出てきたという。

   さらに4月9日、河西さんは東京・秋葉原の劇場公演を終えて送迎車で目黒区にある窪田氏の自宅へ向かい、10日0時頃に窪田氏と合流、2人で家に入って行った。河西さんが家を出て来たのは翌朝11時という。2人が落ち合う様子や河西さんが家から出てくる姿を映した、とされる写真も掲載されている。

   窪田氏には妻子がいて、本宅は兵庫・神戸市の新興住宅地にあるという。2人の間に男女関係があったとすれば不倫となる。

   当の窪田氏は文春の取材に対し、「河西さんとは交際していない」「自宅に泊めたことはない。メンバーはみんな娘みたいなもので、彼女だけでなく近所に住んでいるメンバーはみんな来る」「選抜メンバーとは毎日のように食事しており、年300日はメンバーと食事している。河西さんは卒業前なので相談事などを聞いている」といったことを答えている。

ホリプロ「宿泊していない。交際の事実もない」

   一方、今回の報道についてホリプロに問い合わせたところ、「自宅に1人で行ったり、宿泊したりという事実はない」とのことだった。「文春に掲載された写真はどういうことなのか」と尋ねても、「男女交際の事実はない」の一点張りだった。

   今回のスキャンダル報道が事実かどうかはわからないが、文春は10年2月にも、「AKB48は事務所社長の『喜び組』」という窪田氏にまつわる記事を掲載している。窪田氏がAKB48のお気に入りのメンバーを可愛がっており、特に篠田麻里子さんを同じマンションに住まわせ、クレジットカードまで持たせるほど「寵愛」している、という内容で、AKSと窪田氏は名誉を傷付けられたとして、発行元の文芸春秋と記者を相手取って計1億5000万円の損害賠償と謝罪広告などを求めて提訴した。現在も係争中だ。

   一方の河西さんは、12年11月にテレビ朝日系のバラエティー番組「いきなり!黄金伝説。」の企画「1か月1万円生活」から「逃亡」したことをはじめ、握手会や劇場公演を度々欠席するとして問題視されたことはあったが、これといった恋愛スキャンダルはなかった。

   2013年5月3日には「円満卒業」を控えており、さらに5月8日にはセカンドソロシングル「Mine」の発売も決まっている。

   華々しい門出を目前にした報道とあって、河西さんのファンにとって大きな打撃になったようだ。インターネット上では「綺麗に卒業してほしかった…」「お金カエシテ」「2nd予約やめるわ」など、悲しみや怒りの書き込みが入り混じっている。

   なお、4月24日18時現在、河西さんは今回の報道についてブログやツイッター、Google+では言及していない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中