ドコモ6年ぶり営業減益 iPhoneへの顧客流出響く

印刷

   NTTドコモの2013年3月期決算は、本業のもうけを示す営業利益が前期比4.3%減の8371億円だった。米アップルの「iPhone」(アイフォーン)を手がけるKDDI(au)やソフトバンクへの顧客の流出が止まらず、6年ぶりの営業減益となった。

   新しい端末を買うと料金を最大2年割り引く「月々サポート」や、学生とその家族の端末代金を割り引く「家族割」を展開したものの、年間累計のMNP(番号持ち運び制度)は過去最大の140万9500件の転出超過となった。

   売上高は前期比5%増の4兆4701億円。携帯電話の販売台数は2355万台と、前期から7%増えた。スマートフォンの販売台数が伸びたほかデータ通信料も増加。高速データ通信サービス「Xi」(クロッシィ)の契約数は1157万件と、前期末から5倍に拡大した。

   当期純利益は6.8%増の4956億円だった。法人税率の引き下げで税負担が軽減され、純利益としては増益を確保した。

   4月26日に記者会見した加藤薫社長は「流出が拡大したことは残念」と振り返ったが、iPhone導入の可能性については「魅力的な端末だと思うし、いろいろと検討しているが、従来と変わった点はない」と話した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中