「テリーもたけしも…文化人の質落ちた!」 AKBガチヲタよしりんが安倍政権下の日本に「喝」

印刷

   漫画家の小林よしのりさん(59)が、久々にAKBネタ以外の社会派なブログを更新している。今の日本が安倍政権下で、「ナショナリズム」「ファシズム」に突き進んでいるというような内容だ。

   さらに「安倍政権に取り込まれた」として文化人批判もしているが、「自分はAKBに取り込まれているくせに…」など、インターネット上では冷ややかな声が目立つ。

「朝日もネットも籠絡。ファシズムが完成されつつある」

   小林さんは2013年4月30日、「転がる石のように」というタイトルのブログを更新した。

   「世の中が一方的に流れ始めたらもうどうにもならない」という書き出しで、

「今は帝国主義がグローバリズムに代わっただけで、相変わらずナショナリズムが利用されている。靖国参拝も、憲法改正も、主権回復記念日も、そして天皇陛下までも、新自由主義路線のために利用される事態となった」

と怒り心頭だ。

   そして小林さんの大好きなAKBも、「安倍晋三のポピュリズム」に利用される時がいずれ来るかもしれない、と懸念している。

「政治は文化を利用しようとする。安倍政権はメディア戦略を周到に、着々と推し進めている。テレビも朝から出演して、テリー伊藤も、ビートたけしも取り込まれた。朝日新聞も籠絡された。ネットも取り込まれた。反体制としての若者文化の衰退が情けないが、文化人の質も落ちた。ファシズムが完成されつつある状況で、権力は強大すぎて太刀打ちできないが、わしは権力にすり寄って得したいとは微塵も思わない」

と、安倍政権と芸能人やメディアなどを厳しく批判した。

翌日はAKBネタに戻り「5大ドーム、福岡と東京しか行けないな」

   最後はイギリスの大御所ロックバンド「ローリング・ストーンズ」が50周年で北米ツアーを行うという話を取り上げ、「ミック・ジャガーが70歳だというから驚異的だ。歌ってる姿からは年を感じない。転がり続けているからだろう。転がる石のように生きていかねばならない」と締めているが、AKBには「転がる石になれ」という曲があり、これも意識したのかもしれない。

   かなり大真面目な力の入ったブログだが、インターネット上では冷ややかな声が目立つ。

   「パチンコとAKBに取り込まれてるくせに」「テレビで共演したら取り込まれたとかw頭沸いてるだろ」「ははは、狂気じみてきたな」「そろそろ、その、休んだ方が…」「そんな国士さまがAKBにうつつを抜かしてる場合じゃないよな」など、ネットユーザーはほとほと呆れているようだ。

   なお小林さんは、5月1日にはいつもの「AKBブログ」を書いている。4月25日から28日まで行われた武道館のコンサートに全て「参戦」し、ぐったりしながら感想ブログを書いていたこと、遭遇したメンバーの素晴らしさなどを語っている。ちなみにAKBが13年7月から8月にかけて行う5大ドームコンサートについては、「全部行くのは無理だ。福岡と東京くらいしか行けないな」とのことだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中