高橋真麻アナ「ファザコン女性どう思う?」 本当にヤフー知恵袋に投稿していた

印刷

   「ファザコンの女性をどう思いますか?」。元フジテレビアナウンサーで現在はフリーの高橋真麻さん(31)が、ヤフー知恵袋にこんな質問をしていたとバラエティ番組で告白して話題になっている。

   高橋真麻さんと言えば、ヤフー・ジャパン副社長の川邊健太郎さんと交際していると週刊誌が報じて話題になった。こんな高給取りの彼氏がいながら、真麻さんには恋愛における悩みがあるというのだ。

「彼氏への不満はないんですけど、父親が理想の男性過ぎて」

真麻アナの質問か否か
真麻アナの質問か否か

   真麻さんは2013年4月24日夜放送のフジテレビ系「ホンマでっか!?TV」にゲスト出演し、その悩みを語った。

   番組の「付き添い人生相談」コーナーに、父親で俳優の高橋英樹さん(69)とともに顔を出すと、ひな壇の評論家たちにこうぶつけた。

「私の悩みは、彼氏への不満はないんですけど、父親が理想の男性過ぎて、彼氏へのハードルが上がってしまうことです」

   真麻さんによると、英樹さんはとにかくマメで、京都に撮影に行っているときでも、必ず朝と夜の2回電話をしてきて、1日何があったか全部を真麻さんに説明するという。英樹さんもそれを認め、横で発言を補って話した。また、すき焼きや鍋をしていて、「長ネギない!」と真麻さんが言うと、「じゃあ、パパ自転車で買いに行く」と出ていくそうだ。

   風邪を引いたと言えば、薬を届けてくれたり、真麻さんの衣装が吊してあれば、率先してアイロンをかけたりするといい、英樹さんも「もうどっちかと言うと好きです」と笑った。

   これに対し、評論家たちからは、「恋愛というものを真剣にしにくい環境だと思う」「やっぱり突っぱねるってことも大事なんですよ」「セックスアピール度が低いんじゃないか」といった意見が出された。

   もっとも、英樹さんは、真麻さんには結婚してほしいといい、真麻さんも結婚願望が強いことを明かした。そして、真麻さんはコーナーの終了間際に、ヤフー知恵袋への質問のことをいきなり持ち出したのだ。

交際中の彼氏は「結婚願望あまりない」?

   ヤフー知恵袋への質問については、ネット上で、それはいつどんな形でなのかなどが早速話題になった。

   番組内で、高橋真麻さんは具体的なことを話していない。しかし、2012年7月24日にあった質問がそうなのではないかとの憶測が広がった。

   そこでは、「ファザコンの女性ってどう思いますか? 自分はマザコンの男性よりはいいと思うんですが・・・」との質問がなされ、5つの回答が寄せられていた。ベストアンサーに選ばれた回答では、ファザコン女性は、父親とデートしたりお風呂に入ったりし、彼氏のデートで父親に送り迎えしてもらうなどとしながらも、「女性のファザコンより男性のマザコンの方が立場は弱いと思います。これは社会の風潮が原因でしょう」と答えている。その後、質問した人は、「皆が皆気持ち悪いというわけではないんですね」とコメントしていた。

   ただ、質問した人は、男子高校生とプロフィールで自己紹介しており、真麻さんであるかどうかはっきりしないままだ。

   番組では、真麻さんに恋人がいて結婚に近づいていると紹介されたが、真麻さんは彼氏について「結婚願望があまりまだないみたいで」と答えていた。

   真麻さんが英樹さんと一緒に所属しているアイウエオ企画では、マネージャーが取材に対し、真麻さんが実際にヤフー知恵袋に質問したことを認めた。しかし、どの質問かは分からないという。また、報道のあった川邊健太郎さんと交際していることも認めたが、結婚についてはまったく予定がないとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中