舞台「すっぽかし」の俳優、芸能活動自粛 所属事務所との契約も解除

印刷

   東京・新国立劇場で2013年4月21日昼に上演予定だった「効率学のススメ」で、俳優の田島優成さん(25)が「夜の公演と勘違いしていた」ために開演時間になっても現れず、公演が中止となった問題で、田島さんは5月8日のブログで芸能活動の自粛と所属事務所との契約を5月末で終了することを発表した。

   この決断について、ブログでは「あの日以来、私が引き起こした事態に対する責任を自分としてどう処すべきか真剣に考え、事務所とも話し合いを重ねた結果」「多くの皆様から、本当に厳しい言葉はもちろん、仕事を続けることで償うべきという温かい激励もいただきましたが、今回のことは、舞台に立つ者としてあってはならないことで、自分としてケジメをつけ、演劇との関わり方や自分の生き方をしっかり見つめ直す必要があると考えました」と説明されている。

   また、この記事をもって自身のブログを閉鎖することも告知されている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中