「フジ三太郎」作者サトウサンペイさんインタビュー
「雪の朝、マリリン・モンローと握手」「柔らかくて、むっちりしていた」

印刷

   朝日新聞に昭和40年から平成3年まで連載され、大人気だった「フジ三太郎」が電子書籍になりました。漫画作品だけでなく、作者のサトウサンペイさんのロングインタビューも掲載されています。愉快なエピソードや人生談義も満載です。こんな面白い人だからあんな作品が描けたんだ、と思わずナットクしてしまいます。インタビュアーは週刊朝日でサンペイさんの連載「夕日くん」を長年担当した編集者、池ちゃんこと池辺史生さんです。

   全27巻のすべてにインタビューが掲載されています。その中から「サンペイさん、美女に会う」をテーマに2回に分けて紹介します。今回は第22巻「雪の朝、マリリン・モンローと握手した」からの抜粋です。平凡な日本のサラリーマンが世界のセックスシンボル、マリリン・モンローに会って握手する。ありえないと思われるでしょう。でもサンペイさんは、今から約60年前、まだ24歳のサラリーマン時代にやっちゃいました。どうしてそんなことができたのでしょうか? サンペイさんのサラリーマン時代からの「非凡さ」に脱帽です。

モンローを撮影せよ!

お見事! サンペイさんが撮ったマリリン・モンローとディマジオ
お見事! サンペイさんが撮ったマリリン・モンローとディマジオ
サンペイ 昭和29年にマリリン・モンローが夫のジョー・ディマジオと来日しただろう。モンローが映画「ナイアガラ」でハリウッドのトップスターに躍り出た翌年のことだった。
   そのとき、ぼくが勤めていた大丸百貨店宣伝課長の長谷川六郎さんが、何か歓迎をと考えた。伊丹空港でミス大丸がモンローに花束を贈呈するところを写真に撮り、うまくゆけば心斎橋にお買い物にきていただく。そんな段取りをされた。だけど、急な話だったので、カメラマンの手配がつかない。そうしたら、「おまえなら撮れる」ということで、ぼくが指名されたんだ。なぜって? ぼくが少年時代からカメラ好きでローライフレックスや、宣伝部のコダックスを使いまくっていたのを、課長に知られていたから。
   「はい、はい、はい。モンロー! モンロー! お任せください!」と、もうカメラとフラッシュを持ってはしゃいだ。そうしたら、課長が「朝、早いんだ。飛行機の着く1時間前には来てくれよ。それだけは頼むよ。くれぐれも」と言った。当時のおれは遅刻大王だったから、その夜は早起きのおばあちゃんがいる友だちの家に泊まりこんだ。目覚ましもかけたのに、なんと朝5時半に自ら起きたのには、我ながら感心したよ。珍しいことをしたせいか、外は大雪が降っていた。
池ちゃん ははは。それで、モンローに会ったんですか?
サンペイ 会ったよ。本当にあのときのモンローは色っぽかった。若い人にはわからないかもしれないけど、モンローは可愛く、そして誰よりもなまめかしかった。
   伊丹空港に着くと、もうファンでいっぱいだった。滑走路の少し手前には飛行機の到着を待つ新聞社のカメラマンたちが脚立を立ててズラーッと1列に並んでいたけど、おれは「新聞社の取材協定」とはなんの関係もない。
   やがて大雪のなかをモンローが乗った小型飛行機が舞い降りた。停止してプロペラが止まると、おれはカメラをコートで隠しながら、何か用があるかのように尾翼のほうに歩いていき、その後部車輪の陰で待機した。飛行機にタラップが取り付けられると、空港職員と一緒に、その下に出迎えていた長谷川課長が上がってゆき、ドアが開くと、ディマジオと握手をし、何か話して傘を渡した。ディマジオが課長から渡された傘を、モンローにさしかけてタラップを下りてきた。タラップの下では、たすきをかけたミス大丸が待ち受けており、花束を贈呈。
   池ちゃん、ここからすごいよ。モンローがタラップを下りて来る少し前、ぼくは機体の下をくぐりぬけ、2人が地上に降り立った瞬間、もっともいい角度からその光景をバシャバシャ撮った。ぼくがカメラを持ってフラッシュをたいている間は、後ろのカメラマンたちはモンロー夫妻を撮ることができない。「こらー」「どこの社や!」「どけー」「こら、誰や、おまえ」と非難ごうごうだった。
池ちゃん そりゃあ、怒るよ。撮影できたのは奇跡と言える。

モンローと握手して夢見心地

サンペイ ふふふ。まだ続きがある。怒声飛び交うなか、ぼくがその場所をどくと、カメラマンたちが一斉に、必死にバシャバシャ撮っている。その間に、カメラ隊列を迂回するようにして空港の外に出た。
   空港ビルの玄関前は、ファンで大混雑している。その後ろで、ぼくがカメラをぶら下げたまま立っていると、米軍のMP(ミリタリー・ポリス)がやって来た。大男のMPは、おれを能無しのカメラマンだとでも思ったのか、「レッツゴー」と言いながら、まるで砕氷船のように群集をかきわけて、空港正面に停車している黒いセダンの客席のまん前に、おれを押し出してくれたんだ。
   そこに、モンローが乗り込んできた。カメラを向けたんだけど、車の窓がくもっていて撮れない。窓をコンコンと叩いて、「プリーズ オープン ジス ウインドー」のようなことを必死で言った。
   すると、窓が開いた。目の前にマリリン・モンロー。群集が押し寄せる。MPたちが押し返す。おれも力いっぱい体を引いて、2、3枚撮った。目の前の大スターに「サンキュー」とお礼を言うと、モンローは「アンキュー」と、尻上がりの甘い声でぼくの目をジーッと見て答えた。そして窓から手を出してくれたのだ。おれは夢見心地で、その手を握った。小っちゃな手で、柔らかくて、むっちりしていた。
池ちゃん MPがサンペイさんを助けてくれたんだ。それにしても、ラッキーでしたね。うらやましい。
サンペイ 握手した右手は聖なる手となった(笑)。帰りの車のなかでも、ずっと上げたままにして、「当分、この手は洗わない」と誓ったんだ。この話は、宣伝部中に伝わった。
「その君の手を握手させてくれ。100円出す」
「アホか」
「500円出す」
「いやや」
   なんて、大騒ぎした。お買い物に来ていただく計画はダメだったけど、ぼくが撮った写真を現像してもらうと、粉雪がはらはら降るなかで、傘をさしかけるディマジオ、花束を受け取る笑顔のマリリン・モンロー、そしてミス大丸を含めて、3人の表情は素晴らしかった。

   モンローの話に入る前にも、大丸時代の愉快なエピソードが披露されています。電子書籍『フジ三太郎とサトウサンペイ』(http://www.j-cast.com/santaro/)第22巻は6月10日から発売です。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中