南キャン山里、AKBにもう興味ナシ ももいろクローバーにすっかり心変わり?

印刷

   アイドルオタクとして有名で、AKB48の大ファンのはずだった南海キャンディーズの山里亮太さん(36)が、「AKBにすっかり興味をなくしてしまった」とささやかれている。

   自身のラジオ番組でAKB公演の初歩的な質問をされても答えられず、怒ったAKBファンから「脅迫」されてしまう事態になった。

TDCホールでのイベント間違い「何言ってんの?武道館でしょ?」

   騒動のきっかけとなったのは、2013年5月9日の生放送ラジオ番組「JUNK 山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ系)だ。

   AKBよりももいろクローバーZにすっかり心変わりしているのでは、と度々噂されてきた山里さんに対し、「山ちゃんはどんなゴールデンウィークを過ごしたの?もちろん、東京ドームシティホールのAKB48グループ全公演、見に行ったんだよね?」との質問があった。山里さんはこれに対し、「ん?何言ってんの?武道館でしょ?」と、ぼそっとつぶやいた。

   AKB48グループ全公演とは、13年5月25日まで行われているイベント「思い出せる君たちへ」を指すのだが、これは質問の通り、東京ドームシティホール(東京・文京区)で行われており、山里さんの発言は間違いだ。

   しかしその後も、山里さんは「東京ドームシティじゃないですよ?え?武道館…でしょ?武道館ですよ?今回。東京ドームシティ?武道館でやってたやつは?違ったっけ?あれ?武道館でしょ?」と、自信のなさを覗かせつつも武道館のイベントだと言い張り、「ナメてもらっちゃ困りますよ!知ってるんですから!」とまで言い切ってしまった。

   その後、リスナーから「武道館は臨時総会で、東京ドームシティは思い出せる君たちへ。今は思い出せる君たちへです」という指摘のメールが届き、山里さんは一転「やばい」という雰囲気に。さらに怒ったAKBファンと見られるリスナーから、脅迫めいたメールが届く事態にもなった。

AKB松井咲子からも「これは謝罪」「山里アウト!」

   山里さんの言い訳によると、「AKB48全グループ公演」と聞いて、日本武道館(東京・千代田区)で13年4月25日から28日まで行われたライブイベント「AKB48グループ臨時総会~白黒つけようじゃないか!~」と勘違いしてしまい、武道館と言ってしまった、という口ぶりだった。

   しかし間違いは間違いだ。ツイッターでは、実況していたリスナーが「あぁもう完全にAKBに興味ないのね」「そりゃ現場に全く足を運んでないんじゃ会場なんて分からないですよねーーーー!」「これは山里やってしまいましたなあ」などと投稿した。

   さらに「不毛な議論」のヘビーリスナーで、出演経験もあるAKBメンバーの松井咲子さんもGoogle+で「これは謝罪です。笑」「ててーん!山里 アウト!」「火が!火が凄すぎて!消火器じゃ消えません!!」と悪ノリした。

   山里さんは番組のエンディングで、リスナーからの「クズラジオ1回休んで文化放送に行って謝罪してこい(編注:『不毛な議論』と全く同じ時間帯の、文化放送『リッスン?』というラジオ番組にAKBメンバーが出演している)」というメールに触れ、「来週は謝罪のために行くかも知れない」と明かした。松井咲子さんに対しては「火消し一緒にしてくれないかな!」と図々しく頼んだ。

   山里さんは「渡辺麻友推し」として有名で、東京・秋葉原のAKB48劇場では関係者席で観覧、さらに「じゃんけん大会」の主審を務めるなど仕事での共演もあり、ファンという立場でおいしい思いをしてきたことは間違いない。

   一方でここ最近は「ももいろクローバーZ」のファンであるとも公言しており、こちらでもコンサートで楽屋に出向いたり、仕事で共演したりしている。こうしたこともあって、今回の山里さんの失言でファンの不満が爆発してしまった形だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中