「24時間マラソン」大島美幸は走れるのか? 体重、膝への負担・・・ネットで心配の声

印刷

   お笑いトリオ・森三中の大島美幸さん(33)が日本テレビ「24時間テレビ」(8月24日、25日放送予定)で、24時間走り抜くチャリティーマラソンにランナーとして出演することになった。

   現在、体重88キロ、体脂肪率が約45%。これからの3か月で大幅な減量をした上で挑むという。ネットでは、本当に走れる身体になるのかとさっそく心配の声が上がっている。

「不規則な生活で食っちゃ寝、歩きたくないのダメ人間」

マラソン出演の決まった森三中の大島美幸(写真右)
マラソン出演の決まった森三中の大島美幸(写真右)
「いい年して3ヶ月で15キロ落としたら体調崩すんじゃないの? 去年の北斗晶はヒザ壊したんだし今年は無難に普通体型で若くて健康な人を選べば良かったのに」
「大島さんまじ膝とか壊したり、下手したら死んじゃいそうで心配だわ」
「森三中の大島美幸って、むちゃぶりもいいとこだね(@_@)ランナーにはおおよそ向かない体型でやったらぶっ壊れるでないの」

   2013年5月12日、大島さんの出演が発表されると、2ちゃんねるではこんな書き込み一色に。

   12年の24時間マラソンを、「膝に爆弾を抱えている」と言われながらやり遂げた北斗晶さん(45)がその後、膝の古傷を手術するため、休養に入った。悪化の原因がマラソンではないかと見られていることから、大島さんが北斗さんの二の舞になるのではと心配しているのだ。

   確かに大島さんには北斗さん以上に不安要素が多い。これまでの歴代女性ランナー7人の中で最も重い88キロという体重で、芸能界入りしてからは「不規則な生活で食っちゃ寝、歩きたくないのダメ人間」と運動もしてこなかったことを明かしている。

   この状態から3か月で、北斗さん(7キロ)の時の2倍にあたる15キロを落とし、かつ走れる身体を作るというのだから、本当にできるのか疑問に思う人が出るのも頷ける。

加藤浩次「ムリですね。初めてだと思います、24時間マラソン断念」

   こうしたことから、大島さんは完走できないのではという見方もすでに出ている。

   発表会では司会を務める嵐のメンバー・二宮和也も「24時間テレビは、できるかできないか、ではなくやるかやらないかです。時間内に完走できなくても、普通にずっと待ってます」とエールを送っていたといい、5月13日放送のスッキリ!!(日テレ)では、司会の加藤浩次も「ムリですね。初めてだと思います、24時間マラソン断念。月5キロの減量ですもの」とバッサリ。ゲスト出演したプロテニスプレヤーの杉山愛は「体重落とさないとダメですよね。しっかり食べて体力をつけて、運動して徐々に落としていかないと」と心配顔だった。さらには、夫で放送作家の鈴木おさむさんまでもがツイッターで「っていうか、走れるのか?88キロ!」とつぶやいている。

   こうした疑問がある一方で、本人は

「太っているんですが、最初からできないよというのはイヤなので。24時間走ったら何が見えるんだろうって、好奇心もあります」
「これまでのダイエットで最高にやせて78キロ。73キロは未知の領域ですが、そこは絶対に頑張りたい」

などと気丈な様子を見せる。今後、野菜中心の食事で菓子類はダメ、21時以降の食事は禁止という食事制限のほか、ストレッチからの体づくりで、体重を73キロに落としつつ基礎体力をつけ、本格的なランニングのトレーニングに入るそうだ。

   不安は残るが、自身も妻に合わせて野菜中心の食事にしているとブログで明かす鈴木さんのツイッターアカウントには、

「頑張ってください!!みんなで応援しています!!」
「私も似た体型です。そのせいにしてやらないってこといっぱいです。でも大島さんは違います。やれるって思います。自分のペースを大事にして走ってくださいね」

などと大島さんへの応援のメッセージが、多数寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中