恋人が勧める店をそのままランクイン? 「美人ラーメン評論家」本谷亜紀、次々ボロが出る

印刷

   訪れたラーメン店が定休日だったことに「イチャモン」を付けて以来、女性ラーメン評論家の本谷亜紀(ほんや・あき)さん(24)が炎上し続けている。

   これまで牛丼屋、トマトラーメンへのイチャモン、エビスバーへの失礼な発言などが取り上げられ、主に2ちゃんねるで「祭り」上げられてきたが、今度は「恋人が推薦した店をそのままラーメンランキングに掲載した」疑惑が浮上した。

恋人と噂されるコンサルが深く関わった店が数々ランクイン

上が渡辺さんのブログ、下が本谷さんのランキング。店の順番を入れ替えただけに見える
上が渡辺さんのブログ、下が本谷さんのランキング。店の順番を入れ替えただけに見える

   本谷さんは2013年4月18日、定休日のラーメン店を自身の勘違いで訪問して「臨時休業に唖然」「理由なきお休みは人を悲しくさせます」とツイートして炎上、それ以来2ちゃんねらーにボロを探され続けている。

   本谷さんはラーメン口コミサイト「ラーメンWalker」のラーメン店ランキング企画「ラーメンWalkerグランプリ2012」に参加し、都道府県別に店をランク付けしたものを発表しているのだが、このランキングに目を付けられてしまった。

   5月14日、一部の県で本谷さんがランキングに入れた店舗が、「渡なべ」などのラーメン店を経営しているラーメンコンサルタントの渡辺樹庵さんがブログで紹介した店とほぼ一致していると、2ちゃんねるで指摘された。

   指摘があったのは、福井県、三重県、和歌山県、愛媛県、大分県のランキングだ。福井県では9店ランキングされているが、全て渡辺さんが「福井県でラーメンを食べてきた」と書いている1つのブログ記事に挙げた9店舗と一致している。他4県のランキングについても、1つまたは複数のブログ記事に挙がった店舗を組み合わせているようなランキングとなっている。大分県の7位には、渡辺さんがプロデュースした「麺屋 初代 たけつぐ」もランクインしている。

   さらに記者が調べたところ、宮城県、東京都武蔵野多摩地区、埼玉県、山梨県、富山県の5地域で、プロデュースや教え子が開店したなど、渡辺さんが深く関わっている店舗がランクインしていることがわかった。

ラーメン官僚「付き合ってたことはフリーク筋では有名」

   渡辺さんと本谷さんには、以前から交際の噂が持ち上がっていた。13年1月、ツイッターで「今、話題のラーメン女子大生、本谷亜紀さんと渡なべの店主渡辺樹庵が手をつないでデートしてるのを目撃!あいつら付き合ってたんだな」との目撃情報が投稿されていた。

   真偽は不明だったが、今回のブログ記事とランキングの一致で「交際している男性が推薦する店を自分もそのまま推薦しているだけではないか」との疑惑につながった。

   本谷さんは自著「日本初の[女性ラーメン評論家]になっちゃいました!」でも、「渡なべ」を最初に紹介している。公正が求められる評論家がコンサルタントと癒着のような状態になっているのがまずい、という指摘もある。

   この疑惑について、「ラーメン官僚」としてメディア出演し、本谷さんとも共演経験のある田中一明さんのツイッターアカウントあてに、「某ラーメン評論家と某ラーメンコンサルの黒い仲について明るみになりましたがどう考えていますか」との質問が寄せられた。田中さんは「付き合ってたことはフリーク筋なら知ってる人も多かったと思いますよ、それ以上のことは知りません」と、2人の交際は事実であると暴露した。

   さらに「評論家とコンサルのお付き合いが公にされていない状態で、評論家がコンサルが関わった店舗を自分の著書などで紹介する」行為の是非を問われると、「むしろ、あえて紹介しないのがコンプライアンスというものですね。私はそう思います」と本谷さんのやり方を批判。「私が知っている彼女以外の評論家の方々は真面目に食べてますよ」と厳しいツイートも投稿した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中