アンジェリーナ・ジョリーが選択した「乳腺切除」 技術が格段に進歩、「美しい」再建できる

印刷

   ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさん(37)が乳がん予防のために、両胸の乳腺切除の手術をおこなったと告白して、世界中の関心を集めている。

   乳腺を切除すると、乳房の大半を失うことになる。現在は再建手術により、「美しく」戻ったというが、日本のネットでは「がんにかかったわけではないのに、本当にそこまで必要だったのか」と疑問の声も上がっている。

発がんリスク、87%から5%以下に

   アンジェリーナさんは5月14日付けのニューヨークタイムズ(電子版)に「私の医学的選択」というタイトルで寄稿した。そこで、遺伝子検査の結果、BRCA1と呼ばれる遺伝子に変異があり、乳がん・卵巣がんになる確率が一般の人よりもかなり高いことが分かったため、がんのできる乳腺を切除する手術に踏み切ったと明かした。

   アンジェリーナさんの医師によると、乳がんにかかるリスクが87%、卵巣がんが50%あったという。一般に、BRCA1に欠陥がある場合の乳がんにかかる確率は65%で、日本人女性のうち生涯で乳がんにかかる確率は6%(国立がん研究所統計)だから、かなり高い数値と言える。アンジェリーナさんは、がんにより母親を56歳で亡くしており、子どもに同じ思いをさせたくなかったと検査に至った理由を説明している。

   アンジェリーナさんの文章には、措置の過程もつづられている。まず乳首を温存するため、乳管とその周りの血管を除去する処置をした上で、2週間後に手術で乳房組織を取り除いた。

   乳腺をすべてとるとなると、乳房の大部分を切除することになる、とピンクリボンブレストケアクリニック表参道の院長・島田菜穂子医師が14日、やじうまテレビ!(テレ朝系)などで語っていた。

   そこで、アンジェリーナさんは9週間後、乳房のかたちを再建するため、インプラントを埋めこむ手術を受けた。一般に、乳がんでの乳房切除後の乳房再建術では、インプラントには、シリコンまたは自分の組織が用いられる。ここ数年で再建の技術は格段に進歩しており、「美しい」結果になりえたようだ。

   これらの措置により、アンジェリーナさんは発がんリスクを5%以下に減らしたという。

日本での費用は「遺伝子検査が20万~30万円、手術は全部で約200万円」

   この予防のための遺伝子検査と乳腺切除術は、乳がん患者が女性の8人に1人と多い欧米では、一般に知られている。ただ、日本では、乳がんと診断される前の検査や手術は保険適用外ということもあって、とくに手術はほとんどおこなわれていない。ごく一部の遺伝外来が受け付けているが、費用は「遺伝子検査が20万~30万円、手術は全部(遺伝子検査込み)で約200万円」(島田医師)という。検査でリスクが高いと分かった場合は、おもに「なった際にどうするかを綿密にカウンセリング」(同)していくそうだ。

   こうしたこともあって、日本のネットではかなり驚いた人も多かったようだ。

「リスクが高いから削除・・凄い判断ですが、将来これが普通になるのかな?」
「本当にそこまで必要なの?」

   アメリカでも、「多くの女性に遺伝子の検査を受けてもらい、もしリスクが高かったならば、強力な選択肢があることを知ってもらいたい」とするアンジェリーナさんの呼びかけを、疑問視する向きは出ている。アンジェリーナさんのように遺伝子に問題があるケースは特殊で、ほとんどの人には検査も手術も必要ない。さらに、アメリカでも検査にかかる費用は3000ドル(約30万円)と高額だ。

「リスクを抱えている女性にとっては切除手術は意味があるものですが、ほとんどの女性はそれに該当しないのです」

   スローン・ケッターリング癌センターの乳がん部門主任、モニカ・モロー医師はNYT(電子版、14日付)に対してこう話した。

   なお、日本乳癌学会では、ホームページ上で「乳がんのうち5~10%は遺伝性である」と説明した上で、遺伝子検査の対象者の条件を以下のようにあげている。

・乳がんと診断された年齢が若い(50歳以下が目安)

・同時にまたは異なる時期に、2つ以上の原発性乳がんを発症した場合(両側の乳房にて乳がんが認められた場合や、同じ側の乳房内に明らかに別の複数の原発がんがある場合を含む)

・乳がんと同時にまたは異なる時期に、卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がんのいずれかを発症している場合

・乳がん患者の父方母方どちらか一方の家系の近縁の血縁者の中に、乳がんと診断された人が2人以上いる場合、または、近縁の血縁者の中に、乳がんと診断された人が1人しかいなくても、ほかに卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がんのいずれかの患者がいる場合

・乳がん患者が男性である場合

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中