伝説の「愛生会病院」サイトが閉鎖の噂 「ネットの文化遺産、消えないで!」の声

印刷

   愛生会病院――ある程度インターネット歴が長い人なら、この名前にぴんと来るだろう。埼玉県久喜市にあるごく一般的な病院なのだが、そのウェブサイトがやたらに派手で奇天烈な作りなのだ。

   2002年ごろには2ちゃんねるでも「祭り」を呼び、多くの人にその名を知られたこのウェブサイトだが、最近「閉鎖」説が流れネットが騒然となっている。ところが――?

黒いサイトに光る招き猫の瞳

愛生会病院ウェブサイトより。派手さにばかり目が行きがちだが、胎児の心音や病院の歴史など興味深いコンテンツも少なくない
愛生会病院ウェブサイトより。派手さにばかり目が行きがちだが、胎児の心音や病院の歴史など興味深いコンテンツも少なくない

   病院のウェブサイトといえば普通はお堅く、大人しい雰囲気に仕上げられている。ところがこの愛生会病院のサイトは、黒一色の背景にビビッドな色の文字がせわしなく点滅、また動き回り、右上には招き猫の写真が目をビカビカと光らせながら「Welcome!心から歓迎!」と呼びかけるという、かなりサイケデリックなものだ。また現在は削除されているが、かつてはドラマ「太陽にほえろ!」のBGMが流れており、さらにカオスな雰囲気を演出していた。ちなみに制作したのは、パソコン黎明期からのユーザーだという1941年生まれの院長自身だという。

   2ちゃんねるでは02年に「すごい病院のホームページ」があると話題になり、スレッドが相次いで立つ祭り状態に。これを元にしたフラッシュ動画も作成されるなど、2ちゃんねるの「古き良き時代」の文化のひとつとして語り継がれ、またサイト自体も、話題になった当時からほとんど変わらない姿で存続し続けてきた。

   それから10年余りが経った2013年5月11日、院長の次男でクラブジャズバンド「Blu-Swing」のドラマー・宮本"ブータン"知聡さんが、ツイッターでこう発言した。

「愛生会病院のホームページ、ついに閉鎖しちゃうかもしれないんだって」

病院側では今のところ「聞いていない」

   さらに14日にも、

「【続報】『愛生会病院のHPが閉鎖』 …残念ながら、 …本日、院長が『2ヶ月以内に閉鎖する』という声明を発表しました。。。」

   この話題はたちまち複数のネットニュースも取り上げ、人々からは惜しむ声が相次いだ。ところが迷惑を承知で愛生会病院に問い合わせてみると、意外にも「えっ?」と戸惑いの声が。

「院長からは、今のところ『閉鎖』という話はありません。どうしてそんな話題になっているのか……」

   とのことで、事の真偽は現時点では不明だ。少なくともネット上では、「日本インターネット史の遺産のような存在」と惜しむ声が高く、存続を願う声が多いことは間違いない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中